スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
未来は言葉が創る
- 2014/12/23(Tue) -
ある会社で長期ビジョンについて討議しています。



「社会に影響を与える」というキーワードが出てきました。



筋としては悪い言葉ではありません。



しかし、その言葉でワクワク感を感じるのか?



面白いのか?



社員たちを巻き込んで、ワーっと組織にドライブをかけるには表現がおとなし過ぎると感じました。



イノベーティブな未来を作るなら



「社会を変える」となるべきでしょう。



起業家には慣れ親しんだ言葉なのです。



が、企業家にはなじみが無いようです。





「社会に影響を与える」程度の言葉では、今の延長線上での改善的な進歩、既に社内で明確な課題と認識されていることの実現程度のことしか思いつかないのでしょう。



それが悪いとは思いませんが、長期で考えるのなら、もっと夢が欲しい、などと傍目に感じたのでした。





櫻みち経営塾で行った昨日の忘年パーティーで報告する「日本管理会計学会報告」のネタを整理していました。



その中に、トヨタの土井氏の報告が含まれています。



「21世紀の自動車を考えよ」



との命題に、



20%・30%の燃費向上では、イノベーションは起きない



改善レベルで頑張ればなんとかなる



燃費を半分にせよ



と言われたからパラダイムシフトが起きたのだ、という話がありました。





イノベーションは物作りにだけおきることではありません。



製品やサービスの提供方法においてもたくさんのイノベーションが起きています。



イノベーションが起きる組織、そこに意識が向く組織づくりのお手伝いがしたいと感じる今日この頃なのです。


---------------------------------------------------
電子書籍、櫻井道裕の戦略的管理会計プロフェッショナル養成講座シリーズ
Amazon Kindle Digital Publishing
上位快走中

たった250円~380円で「目からウロコ」体験を!
会社数字、これを知らないと恥をかきます。

  



会計事務所を指導するほどに
管理会計に強い経営コンサルタントのサイトはこちらです。
管理会計ナンバーワン経営コンサルタント

この記事のURL | 経営改革 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<顧客の立場で考えて、競争優位性を蓄積する | メイン | 業界構造と収益性>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://herbist.blog115.fc2.com/tb.php/956-3aef77cf
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。