スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
仮説検証が分析の目的、そんなことはみんな知っている、でも、、、
- 2014/08/30(Sat) -
ここ最近、ずっと会社業績アップに本当に役立つ、あるいは未来指向の行動に直結する計数分析のあり方について考えています。

職業柄、実に様々な企業におじゃまし、そして実に様々な計数資料を拝見します。

そんな時、必ずしも明確な目的を持たないままに、極論すれば惰性で作り続けられている資料が結構たくさんあることに気づかされます。

分析には少なくとも2つの重要な目的があります。

ひとつは、仮説をたてるための分析です。

比較的大局的な数字を元に大胆に仮説を立てるということです。

もうひとつは、たてた仮説を検証するための分析です。

この場合、分析によって仮説が検証されることもありますし、

ときにはたてた仮説に基づいて実際に行動してみて、その結果を分析して検証することもあります。

仮説をたてて検証する、実は誰でも意識せずに日常的に実行していることなのです。

例えば、この夏私の小さい息子は初めて釣りにチャレンジしました。

釣り堀のおじさんの熱心な指導もあってではありますが、

餌をかえてみたり、場所をかえてみたり、針をいれる深さを変えてみたり、、、色々と試しています。

これ、まさに仮説検証を繰り返しているということなのです。

とりたてて、仮説検証などと大仰に騒ぐことではないのです。

にもかかわらず、分析資料を作るという行為においては時としてそんなことが忘れ去られたりします。

何故そんなことが起こるんでしょうか?

作成者側の問題としては、こんな感じでしょうか。

(1)過去からやっていることを変えるのは手間だしリスクがある
(2)深く仕事の意味を考えず、ただ決められたことをもくもくとこなす仕事スタイルが身についている
(3)業務のあり方や課題を深く知らないのでそもそも意味のある資料を作成できる前提がない

受け手側の問題としては、

(1)自分以外にその資料を役立てている人がいるかもしれないと思って放置している
(2)出された資料を十分に使いこなせないのを明らかにすることで自分の無能さを証明したくない
(3)経験と勘に基づくマネジメントが身についており客観的な分析資料に重きをおいていない

当たらずといえども遠からずではないでしょうか?

このような皆さんに対して、当たり前のこと(仮説検証)を当たり前にやっていただくように刺激を与えていきたいと思っております。

→ 近刊予定 「ザ・分析マスター」(アマゾン電子出版)、ご期待ください。

---------------------------------------------------
電子書籍、櫻井道裕の戦略的管理会計プロフェッショナル養成講座シリーズ
Amazon Kindle Digital Publishing
上位快走中

たった250円で「目からウロコ」体験を!
会社数字、これを知らないと恥をかきます。

  



大阪発、会計事務所を指導するほどに
管理会計に強い経営コンサルタントのサイトはこちらです。
大阪発、管理会計ナンバーワン経営コンサルタント

この記事のURL | 管理会計・マネジメント | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<JALホテルとアメーバ経営 | メイン | USJのハリーポッター投資効果予想>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://herbist.blog115.fc2.com/tb.php/952-3d9f9758
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。