スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
KDP(Kindle Digital Publishing)というプラットフォーム
- 2014/07/06(Sun) -
本日、電子書籍の第2弾をAmazon Kindle Digital Publishing(KDP)から出させていただきました。

そのことは、ひとつ前の記事でお知らせしました。

この記事では、電子出版させていただいたamazonのKDPという実に巧妙な仕組みについてお話ししておきたいと思います。

Amazonでは、電子書籍を出したい人は誰でも何のチェックを受けることなく、しかも無料で出版が可能です。

KDPは出版社でもなければ、単なる販売会社でもありません。

KDPは確たるひとつのプラットフォームです。

フェイスブックやヤフオク(Yahoo オークション)などと同じプラットフォームです。

プラットフォームはインターネット発達以前から存在しました。

株式取引市場、商品市場など、「市場」と名のつくものは皆プラットフォームです。

たくさんの人を集め、その人たちの間で取引をさせる場です。

人は集まれば集まるほど良い。

KDPの場合、

例えば、私が、Amazonには本を買い求める人たちがたくさんやって来るので、ここで本を売らせてもらおうとします。

そんな私の様な人たちがたくさんいて、たくさんの本が出版されます。

出版しようとする人は上に書いたようにお金を払う必要がありません。

でも、Amazonもシステム投資という初期投資はありますが、本1件1件についてはコストがほぼかかりません。つまり変動費はほぼゼロです。

ですから、はねた上前はまるまる彼らの利益となります。

一般の書店では手に入らない廉価な書籍がKDPにたくさん集まってきますので、それを求めて人が集まってきます。

人が集まってきますので、また本を出そうという人が増えます。

見事に循環して、スパイラルアップ(らせん状に成長)していきます。


死角があるとすると2つでしょうか?

1.プロの編集者のチェックを受けること無く出版される書籍は当然玉石混交です。
  あまりにも質が低下する場合には、プラットフォーム自体の信用にも影響がありそうです。
  その点に対する対策は、現状では読者によるカスタマーレビューのみだと思います。
  もしかすると、あまりに低評価の著者は出版を差し止められるようなことがあるかもしれません。

2.特定の分野に絞り込んだ専門プラットフォームが現れるかもしれません。
  専門分野の専門家をかかえ、専門的な情報提供を行うなど、ニッチで成功を収めることは可能かもしれません。


私自身は、これからも出版させていただこうと考えています。その先にどんな世界が待っているのか、少し楽しみです。

---------------------------------------------------
電子書籍、櫻井道裕の戦略的管理会計プロフェッショナル養成講座シリーズ
Amazon Kindle Digital Publishing
上位快走中

たった250円で「目からウロコ」体験を!
会社数字、これを知らないと恥をかきます。

 



大阪発、会計事務所を指導するほどに
管理会計に強い経営コンサルタントのサイトはこちらです。
大阪発、管理会計ナンバーワン経営コンサルタント

この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<円安と食料問題 | メイン | 今度は管理会計の初学者向け電子出版>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://herbist.blog115.fc2.com/tb.php/948-9f70c624
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。