スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
シェアの高さにうかれてはならない?!
- 2014/06/29(Sun) -
今朝の日経は「主要商品・サービスシェア調査」の記事がトップでした。

50品目中日本企業が11品目でトップ、少し意外感がありました。

息を吹き返したんだなぁというのが第一印象でした。

11品目は、以下の通りです。

・自動車 
 トヨタ
・デジタルカメラ 
 キャノン ちなみに2位はニコン
・レンズ交換式カメラ 
 キャノン こちらも2位はニコン
・ビデオカメラ
 ソニー 2位はパナソニック
・ゲーム機器
 SCE 2位は任天堂
・炭素繊維
 東レ
・白色LED
 日亜化学工業
・CMOSイメージセンサー
 ソニー
・マイコン
 ルネサス
・中小型液晶パネル
 ジャパンディスプレー 2位はシャープ
・産業用ロボット
 ファナック

シェアの順位を上げることは重要です。
・規模の経済性を得る
・市場との対話の密度が高まり経験を通じて好循環が生まれる
・認知度が高まる
などのメリットがあり、戦略的にとっても重要です。

まだこの先成長が見込まれる事業については場合によってはM&Aの選択肢も含めて地位の維持向上のためにあらゆる手を打つ必要があります。

一方で、たとえ上位にいるからといっても、市場そのものが既に成熟もしくは衰退期にあるとするなら手放しでは喜べません。
このようなケースでは、シェアの上位に位置づけられて有頂天になるのは危険です。
そのような事業に大きな経営資源投入を行うことは厳に慎まねばならないのですが、、、そのようなコントロールがちゃんとできるかどうか、ここで失敗した企業が過去には多かったようです。

上記の製品の中にそのようなものは含まれていないでしょうか?

---------------------------------------------------
電子書籍、櫻井道裕の戦略的管理会計プロフェッショナル養成講座シリーズ
Amazon Kindle Digital Publishing
上位快走中

たった250円で「目からウロコ」体験を!
会社数字、これを知らないと恥をかきます。

 



大阪発、会計事務所を指導するほどに
管理会計に強い経営コンサルタントのサイトはこちらです。
大阪発、管理会計ナンバーワン経営コンサルタント

この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<今度は管理会計の初学者向け電子出版 | メイン | 梅雨は黴雨>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://herbist.blog115.fc2.com/tb.php/946-5f67b790
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。