スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
阪急阪神ホテルズ、あなたの頭でちゃんと考えましょう
- 2013/10/28(Mon) -
また起きてしましました。
食品偽装、大阪で。

もう思い出したくも無い、あの老舗料亭での偽装、

大阪とはそういうところなのだ、と思われるのが一番口惜しいです。
が、話はそんなに単純では無いとここで申し上げたいのです。
かなりの想像を前提としますが・・・

私は阪神阪急とは何の利害関係もありませんが、

きっと、

・現場には偽装をして私利私欲を得ようとの明確な意思はなかっただろうと想像します

・経営には消費者をだましてお金を稼ごうという明確な思いはなかっただろうと思います

もちろん、不正が発覚した後の処理は、またかと思うほど稚拙でした。

が、大事なことはそれもありますが、何故こんなことが起きたのかでは無いですか?

経営は、利益の増大を強く現場に求める。一見ある意味当然です。

企画担当者は売れそうな企画を現場の意向を十分に踏まえずにたてる、そして現場にやらせようとする

現場は、何とか実現しようとする。その中で、

「この企画は今の仕入環境ではとても実現できない。でもちょっとだけ、この程度の偽装に目をつぶればなんとかなる。この程度ならは大した問題では無い」

と独自の判断でごくごく小さな偽装をする。それは自らの利益とはあまり関係のないとことだったんでしょう。

むしろ、それは会社のため(=実はそれが会社の為にも社会の為にもならないことだということなど思いもよらず)

それが徐々に、本人たちも気づかないうちに少しずつ大きく育っていく、つまりエスカレートしていく。

「これぐらい大丈夫、もうちょっとこれぐらいなら」

どんどん感覚が麻痺していく。

誰しも経験したことがあるはずです。

気がつくと、世間の常識とはかけはなれた誤った価値観を持つに至る。

そんなことではないかと想像するのです。

学ぶべきことを整理しましょう。


○世間の価値観とのギャップを大きくしないために外部に開かれた窓を大切にする

○経営は中長期的視点で変化を予想し、変えることを考える、それは基本的な機能として大事です。が、それはあくまで現場の情報を前提としたものであるということを再度確認する

○業績は現場に押しつけるものではない、全社を挙げて勝ち取るモノなのだというあまりにも当たり前の考え方を再度確認し、仕組みに落とし込む

今回の出来事を批判的に見ているあなた、

こんな当たり前のことが確実にできていると断言できますか?!

ちなみに、私は新刊書の出版記念パーティーを、応援の意味も込めて、阪急阪神ホテルズの系列の施設にお願いしました。

批判するだけではだめです。

応援することで、企業に襟を正していただく、それも市民のあり方でしょう。
この記事のURL | 組織・人・風土 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<授業参観は参考になります | メイン | イノベーションを推進する管理会計?>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://herbist.blog115.fc2.com/tb.php/931-9bb8729d
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。