スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
出る杭を歓迎できるか?
- 2013/06/28(Fri) -
友人のご長男が工学系大学院を卒業して、ある国内の大手製造業に就職したのですが、

その後ずっと研修を受けておられます。

私も大好きな子で、ちょくちょく食事を一緒にする仲です。

今は、工場現場で実務体験の研修中です。

ある、現場での研修を終えて会社に提出したレポートの写しを読んだ親御さん達(母親とおばあさん)がそのご子息を厳しく説教したらしいのです。

何の説教かというと、

○研修を受講させていただいていることに対する感謝の言葉が無い
○無駄が多いだのと批判ばかりしている
○挙句の果てに人員削減などということを提案している
要は身の程知らずで失礼なレポートだ、ということなのでしょう。

一度読んでみてくれと依頼を受け、私も彼のレポートを読ませていただきました。

私の目からは、客観的視点で現場の問題点を分析的に捉えようという姿勢が見え批判的過ぎて失礼などという印象は全く受けませんでした。むしろ、突っ込みの甘さを感じたぐらいでした。

経営コンサルタントを20年以上やっていますので、このようなレポートを現場からあげてもらえたらとっても嬉しいだろうと思います。問題仮説を立てるきっかけになりますから。

おそらく、会社側も問題意識を持って研修に臨んでくれることを期待しているでしょうから、問題になるどころか切り口が鋭ければ高く評価なさるのではないかと想像するのです。

確かに日々ご苦労をしておれらる当該現場の方からすると気持ちの良いものではないでしょうが。

それにしても、バックグラウンドが異なるとこうまで180度受け留め方が変わるのかと驚いています。

会社によっては、このようなレポートに対してトップが不快感を露わになさることも無いともいえません。

日々変化をし続けなければならない厳しい企業間競争の中で、そのような会社の今後の発展の可能性は低いでしょう。

ただ、やはり、同じことでも受け留め方は大きく異なることがあるのだ、ということは肝に銘じておきたいものです。

企業業績を向上させる圧倒的な仕組み、
セミナー「御社の業績評価が上手くいかない本当のワケ」
好評のうちに開催中です

超少人数・短時間の社会人のゼミ
いろんなテーマで効率的な学びを体験していただいています
櫻みち経営塾の「経営ゼミ」

Google検索「管理会計、セミナー」更に「管理会計、研修」ナンバーワン
管理会計のハーブ・ビジネスアシスト
この記事のURL | 組織・人・風土 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<WACC(加重平均資本コスト)ってネーミングが不適切? | メイン | 労働時間の国際比較って本当?>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://herbist.blog115.fc2.com/tb.php/923-b6d038df
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。