スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ものを書くことで刺激される脳
- 2013/05/13(Mon) -
今、久しぶりに本を書いています。(今秋中央経済社から出版予定です)

今更ながらですが、本を書くという作業の創造性の高さに改めて気づかされています。

まず自分が持っている問題意識を文字に落としてみる、

そうすると、それが呼び水になって、次々と頭の中から自分も忘れていたような情報がどんどん引き出されてきます。

あ、自分ってこんなことをかつて考えていたんだ、こんなこと知っていたんだ、小さな驚きの連続です。

そのような元々自分が持っていた情報と情報が結びつき新しい概念や用法、ストーリー等が生まれます。

そして、書き進めて行くと、言葉の定義やうろ覚えの理論、自分の知識の不正確な部分が見えてきます。

そういえば、5年ぐらい前に読んだあの本に関連情報があったような、と思い出して読み返してみる。

あるいは、今は便利な世の中になりました、そうです、インターネットで検索して欠落した部分を補充していく、

そうすることで、文章が完成に近づくとともに、また新しい情報が脳の中にインプットされていく、

気がつくと原稿も増えて行く。

激しく脳に汗をかきますので長時間は続きませんが、気持ちの良い作業です。

皆さまも、何か文章を書く時そんな客観的な目で自らの作業を見てみると何か発見があるかもしれませんね。


超少人数・短時間の社会人のゼミ
いろんなテーマで効率的な学びを体験していただいています
櫻みち経営塾の「経営ゼミ」

この記事のURL | 脳力開発 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<06/14のツイートまとめ | メイン | 05/01のツイートまとめ>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://herbist.blog115.fc2.com/tb.php/901-bdc3069e
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。