スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
管理会計に決まった形などありません
- 2007/11/06(Tue) -
 12月中旬に研修をやらせていただく企業に訪問して、内容の詳細打ち合わせをしました。

 従業員数約400人の中堅製造業、自由な気風に溢れ何でも言える素敵な会社です。

 今回の研修テーマは、ずばり「管理会計」です。

 打ち合わせの中で、先方の部長さんがおっしゃいました。

 「うちは、会計用語でも社内用語が多いんです。ですから、研修なんか受けても、言葉の問題で誤解してしまっていることがよくあります」

 本質的な話をすると、そのような誤解を与えてしまうとすれば、それは講師の責任です。(と、今日改めて感じました)

 本来、管理会計というのは100%自由なものです。絶対的に決まった形などないわけです。

 だって、管理会計を規制する法律などありませんから。
 
 ただ、そうは言っても気をつけなければならないこともあります。社内で、ひとつの用語の定義が複数あるというのはいけません。それを感じたら即刻用語定義の統一を実施することが必要です。

 さて、一般公開型のセミナーなら、一般的な用語を使い、一般的なノウハウを伝えることが中心になります。(公開セミナーといえども、企業実務のバリエーションをある程度ふまえて解説することはいうまでもありませんが)

 社内研修の場合、大切なことは、それぞれの企業の特有の用語や行動様式を可能な限り理解して、一般的な用語や管理方法との橋渡しをすることが、研修講師としての重要な役割のひとつなんだと、(とっても偉そうではありますが)自らを戒めた日でした。


ブログランキングに参加しています。
皆さんの励ましだけが、このブログの原動力です。
下のバナー、1日1クリック、ご協力をよろしくお願いします。


FC2ブログランキングプチッとひと押し
お願いします



管理会計、冷たい数字に暖かい血を通わせる技術

  
 

 

この記事のURL | 管理会計・マネジメント | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<中小企業のコンプライアンス | メイン | 右脳で発想>>
コメント
-納得です-
・管理会計100%自由
・社内用語の尊重と統一
納得です!

大切な指針をいただいたこと、
感謝です。
2007/11/07 23:32  | URL | so #-[ 編集] |  ▲ top

--
so様
いつもお読みいただき、ありがとうございます。
励ましのお言葉、感謝します。
2007/11/08 09:11  | URL | 南の冠座 #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://herbist.blog115.fc2.com/tb.php/90-ffde44b0
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。