スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
月次決算は何故具体的なアクションにつながりにくいのか?
- 2012/11/21(Wed) -
3日連続でこの話題です。

一昨日は「本当に役立つ月次決算のための、分析資料作成の着眼点」、多数名の参加者を得て、実施いたしました。

感心の高さを再発見しました。

「何故、月次決算から経営改善につながる行動に結びつけにくいのか?」

データを元に有益な行動につなげるには、概ね次のようなプロセスが必要です。

getsuji_katsuyou.jpg

この中で月次決算が主に対象とする会計情報の役割は、
最初のステップの「大きな傾向・大きな変化からメスの入れどころのあたりをつける」というあたりかと思います。

しかも、それは生の数字だけでは見えないことが多いわけで、ノイズの入ったデータから意味のある変化をつかみ取るにはそれなりの技術が必要ということになります。

そして、更に踏み込んだ分析をするべきポイントが明らかになったらそこにメスを入れるわけですが、その時には、営業や製造などの現場に踏み込まないと有効な分析ができないということになりそうです。

要素別に分解したり、バラツキを見たり、2軸で分析してみたり・・・

そして仮説をたてる、行動する、その結果で仮説を検証する、そんなサイクルで経営改善が進んでいきます。

経営者はここらあたりのことはある程度理解しておられる。
しかし、もちろん自らそれをやることはなく、経理あるいは企画部門にそれを期待しておられる。

ただ、残念ながら経理は経理で税務会計を中心とした外部報告会計に忙しく、また、必ずしも現場情報に精通しているわけでもなく、なかなか本腰を入れて分析することにはなりにくい。

かといって、各現場の責任者も、月次決算と現場の数字との有機的なつながりに意識を払っていることも少なく、月次決算は月次決算、現場の数字は現場の数字、といった具合に分断されてしまっていることが多いように思います。

必要なのは、現場をも巻き込んで経営改善を目的としたいわゆる「経営分析」ができる体制と仕組みをいかにつくることなのではないかと思いますが、いかがでしょうか?

超少人数、超短時間の社会人のゼミ、
開催内容・開催日時、あなたの我が儘お聞きします! 
櫻みち経営塾の経営ゼミ

この記事のURL | 管理会計・マネジメント | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<金融円滑化法期限切れを控えて | メイン | MECE(モレなくダブリなし)>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://herbist.blog115.fc2.com/tb.php/865-4d2ee723
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。