スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
未来に向けた、意思決定に役立つ分析とは
- 2012/11/19(Mon) -
今日は櫻みち経営塾で、「本当に役立つ月次決算のための、分析資料作成の着眼点」と題した経営ゼミを実施します。

非会員からもお申し込み頂き、たくさんの反響を頂きました。
問題意識の高い分野だと思います。

月次試算表(貸借対照表&損益計算書)、そして時にはキャッシュフロー計算書を作って経営者に報告。予算対比とか前年対比ぐらいはよくなされますが、、、

これらを使って未来に向けた身のある議論がなされるのをあまり見たことがありません。

資料はそれで得た情報を元に未来に向けた何らかのアクションにつなげないのであれば時間の無駄です。
そんなことは言われなくても誰でも分かっている、なのにいっぱい資料を作って、「ふーん」で終わっている。
実は官僚組織化した大手企業ほどそんな傾向があるように思います。

やらなければならないこと、それは未来指向で明確な問題意識を持った分析を行うことです。

この場合の問題意識とは、例えば、部門別損益計算書から問題の仮説を立て、それを検証するために行う分析、あるいは行動の結果検証を行うための分析などがこれにあたります。

これを実現するには、分析の技術を身につけることが必要です。

今日はそんなテーマでお話しします。

超少人数、超短時間の社会人のゼミ、
開催内容・開催日時、あなたの我が儘お聞きします! 
櫻みち経営塾の経営ゼミ
この記事のURL | 管理会計・マネジメント | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<MECE(モレなくダブリなし) | メイン | あつた蓬莱軒と中国の若者>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://herbist.blog115.fc2.com/tb.php/863-bce51a22
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。