スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
悪い情報があがってこない本当の理由
- 2012/06/22(Fri) -
経営者の皆さん、管理者の皆さん、

「クレームとか事故とか不具合とか、悪い情報こそ早く連絡しなさい」

口を酸っぱくして言っていませんか?

でも、何故か悪い情報ほど伝わりが遅い、あるいは伝わらない、、、

その原因は、どこにあるでしょうか?

実は、厳しく言えば言うほど逆効果だということ、ご存知ですか?

そう、経営者の皆さん、管理者の皆さん、皆さん方にその原因がある可能性が大きいのです。

悪い情報こそ早く伝わるようにする、その為には、特別なことに心がける必要があります。

部下が、自分でも気づかない内に、悪い情報に限らず、報告を積極的にやるようになる、その為の方法、

その方法は心理学が既に解明しています。

行動の直後にどんな変化を与えるのか?

実は人の行動の法則というものは、基本的なところでは他の動物と何ら変わらないのです。

「何かご褒美をもらえるから、と思って、あることをする」
のではありません。

本人も気づかない条件づけを与えることがポイントなのです。

部下から悪い報告があがってきたら、
「何っ!」とこわい顔をする前に、
まず、
頷く、
そして、「報告、ありがとう」と言う。

たった、それだけでも部下の行動は変化します。

何故か、そこを心理学が明らかにしています。

7/12 経営ゼミ「あなたの部下は何故報告しないのか?」

同日開催
7/12 社内の活性化、何故いつも失敗するのか?
7/12 社長と専務が信頼できる腹心の選び方と育て方
この記事のURL | 行動分析学 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<08/06のツイートまとめ | メイン | 詳細は弊社ホームページをご覧下さい?!>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://herbist.blog115.fc2.com/tb.php/795-339a097a
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。