スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
できない理由が得意な人
- 2011/04/04(Mon) -
 ある会社のミーティングでこんなことがありました。

 ミーティングの議題は、製品開発です。

 ある営業課長さんは、非常に現場経験が長く、製品開発や営業・製造について、非常に説得力のある課題提起をして下さいました。

 まさに理路整然でした。

 経営コンサルタントとしても仮説を立てる上で、助かります。

 そして、プロジェクトが次のステップに進み、アイデア出しの段階に入りました。

 どういうわけか、その課長さん、急に口を閉ざしました。

 私は、若い人の意見も欲しいと思い、若手の営業や開発担当者にアイデア出しを促しました。

 ブレーンストーミング(注)でやるべきでした。でも後の祭です。

  (注)ブレーンストーミングには、アイデアを出しやすくするための4つのルールがあります。
    1)アイデアは質より量
    2)自由奔放に発想
    3)批判厳禁
    4)他人の意見の尻馬に乗ろう


 ところが、その課長さん、若手から出されるアイデアのひとつひとつを、ことごとく否定しにかかったのです。

 何故そのアイデアが駄目か、、、

 さて、皆さんは、この課長さんの行動をどう評価なさいます?

 私の考えは次回。

 東日本大震災復興支援チャリティーセミナー毎月実施中!
セミナー売上金は、全額日本赤十字社を通じて義援金として寄付します。


櫻みち経営塾 入塾者募集中
この記事のURL | 組織・人・風土 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<個人攻撃の罠 | メイン | チャリティーセミナー3月分終了!>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://herbist.blog115.fc2.com/tb.php/615-54f6ba5a
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。