スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
疲れは脳が決める!?
- 2011/01/25(Tue) -
 今日の新聞で、疲れと脳の関係に関する記事がありました。

 マラソン42.195km走る場合、どういうわけか30kmあたりで急激に疲れを感じるのに、100kmマラソンでは、30kmで異変はないという経験者の談。

 100kmの場合は70kmぐらいで疲れを感じるとか。

 いずれも大凡70%のところでおこる異変、その原因は脳からの信号ではないかとの仮説らしい。

 思い当たることがありました。
 
 1日のセミナーや研修で、午後3時頃に受講者も講師である私も疲れを感じ、重い空気を経験することがよくあります。

 やはり、全体の大凡70%です。

 さて、ではどう対処したら良いのか。

 以前、イメージトレーニングの第一人者である志賀一雅先生から、オリンピック代表のマラソン選手を指導されたときのことをお聞きしたことがあります。

 疲れを感じる場所あたりを気持ちよく走っているイメージを予め潜在意識にインプットしておく。そうすると本当にその場所に至った際にランナーズハイを経験するというようなお話だったと記憶しています。(正確なところは違っているかもしれません)

 身体は脳によって支配されているのだから、脳をうまくコントロールしようということです。

 この分野、今後研究がもっともっと進むことを期待しています。

MIC_SAKURAIをフォローしましょう


櫻みち経営塾
入塾者募集中



FC2ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
是非上のバナーをひと押し、お願いします。



この記事のURL | 脳力開発 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<大阪の中小企業の情景 | メイン | 事業別管理やってますか?>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://herbist.blog115.fc2.com/tb.php/595-5ab0aada
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。