スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
高知出張から帰還
- 2010/09/29(Wed) -
 日曜日から今日まで高知に出張にでていました。

 2日間、合計約13時間の研修に出講でした。

 テーマは、決算書分析。

 私は、平面的で形式的な指標による分析はあまり重要視していません。

 ・・・比率が良いとか悪いとか言うだけでは、ほとんんど何の意味もありませんから。
 
 たとえば、様々な勘定科目の経営的視点からの本質的意味を理解していただき、本当に使えるプロの目を持っていただくことを目指しました。

 運転資金の構造、良い借金と悪い借金、適切な設備投資の規模、自由にできる手元資金の額、資産性の無い資産、流動負債に含まれる長期安定的な資金源、社債のアナウンス機能、投資その他の資産のリスク、キャッシュフローバランスによってわかる企業特性、不況抵抗力の視点、粉飾を見破る銀行のノウハウなどなど、市販されている書籍には出てこない実務で本当に役立つ視点をお伝えしました。

 経営指標についても、標準比較とか相互比較とか期間比較とか、実務であまり使えない評価基準ではなく、もっと実質評価のできる尺度をご提示しました。

 長丁場でしたので、色んな趣向を凝らし、私もオーバーアクション気味にお話しましたが、ちょっと2日間の研修にしては、内容が豊富過ぎ、受講者の皆さんもお疲れだったろうと、少し反省しています。

MIC_SAKURAIをフォローしましょう


櫻みち経営塾、入塾金無料
体験受講者募集中



FC2ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
是非上のバナーをひと押し、お願いします。



 

この記事のURL | 管理会計・マネジメント | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<キャッシュ管理の戦略的側面 | メイン | 「管理強化だよなぁ!」って?>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://herbist.blog115.fc2.com/tb.php/571-ddf81feb
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。