スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
理論と経験って別物?
- 2010/09/12(Sun) -
 経験を重んじる人がいます。

「そんな、理論通りになったら、誰も苦労しない」

 そうですね、経営学の分野で完璧な理論はそうはないと思います。

 理論通りにいかないのは、それはある特定の理論が不完全であることがひとつの原因です。

 理論という概念そのものを否定するのは誤っています。

 それから、理論というものの成り立ちを考えることも大事かと思います。

 多くの理論は、多くの経験から帰納的に構築されます。

 言葉を換えると多くの事例から一定の法則性を見いだし、それを一般化したのが理論の一側面です。

 経験を重んじる人こそ、多数の先人たちの経験を土台とした理論を重んじるべきではないかと思うのです。

 もちろん、個人の実体験と理論とでは、その深みはもちろん比較になりません。実体験が、言語によってデジタル化された理論など及びもつかない深い洞察を与えることは事実だと思います。

 個人の経験は狭いが深い、理論は広いが浅い、要は理論をベースとしつつ、経験を活かす、そんなことが上手にできる人が、偉大な経営者になり得るのだと思います。

 すみません。こう書いてしまうと、当たり前のことでした。

MIC_SAKURAIをフォローしましょう


櫻みち経営塾、入塾金無料
体験受講者募集中



FC2ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
是非上のバナーをひと押し、お願いします。



 

この記事のURL | その他 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<聞いてとらすから申してみよ会議 | メイン | 「建設的な意見」危険な言葉です>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://herbist.blog115.fc2.com/tb.php/568-1b197c57
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。