スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
これこそ行動の原理です
- 2010/08/15(Sun) -
 ちょっとあることで印鑑証明が必要となりました。

 近頃は、行政サービスセンターなどという市役所の出張所が方々にあり、印鑑証明用のカードを持って行って申請すると即座に発行してくれ、便利になりました。

 なのに、私は何故か、この行政サービスセンターに行くのが億劫でなりません。

 ちょっと近所の酒屋にビールを買いに行くのと変わらない手間暇です。

 ここらあたりに、人間の、いえ、動物の行動の原理が働いています。

 かつて、この手の行政サービスを受けようとすると、やたら待たされる、愛想は悪い、ひどい場合は「お昼休みになりましたので、1時間後においでください」などということを覚悟せねばなりませんでした。

 行動分析学的に言うと、「行政サービスに行く」という行動は、実に様々な行政側の不便という嫌子によって弱化されていたわけです。

 結果として、今のように便利になっても、私は未だに潜在意識化で、行政サービスセンターに行くことが弱化されているわけです。

 「不便だから行きたくないなぁ」などという具合に思うから億劫になっているわけではありません。

 これとは逆に、例えば、「顧客目線で行動する」ということを周りの皆が称賛する、ということを繰り返し行っていると、いずれ称賛があろうがなかろうが「顧客目線で行動する」という行為自体が自分にとって気持の良い好ましい行動になります。

 これこそが、行動分析学、行動に焦点をあてた心理学の知見です。

MIC_SAKURAIをフォローしましょう


櫻みち経営塾、入塾金無料
体験受講者募集中



FC2ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
是非上のバナーをひと押し、お願いします。




この記事のURL | 行動分析学 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<弊社看板メニュー | メイン | 課題解決は発散と収束がセット>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://herbist.blog115.fc2.com/tb.php/560-0a6d23bc
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。