スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
遺伝子を残す方法
- 2010/07/07(Wed) -
 一昨日の記事で触れました、スカシユリ、1本の枝に4輪のつぼみがありました。

 しっかり咲かせるために、小さめの2輪を間引きました。が、捨てるのに忍びなく、水に浸しておきました。

 そうすると、2日したら、何と言うことでしょう。つぼみを開くほどの力は無いのか花は咲きません。が雄しべと雌しべが長く伸びて外に顔を出しました。



 例え花を咲かせることができなくても、子孫を残すために最低限必要なことに力の限りをつくしている姿にうたれます。

 ひるがえって、会社組織、過去の良き遺伝子を後世に残すことに力を惜しんではいないでしょうか?

 ちなみに、今週号の日経ビジネスによると、サムスンは、その哲学を後進に伝えるために膨大なお金と労力をかえているとのことでした。

MIC_SAKURAIをフォローしましょう


櫻みち経営塾、入塾金無料
体験受講者募集中



FC2ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
是非上のバナーをひと押し、お願いします。



 

この記事のURL | 組織・人・風土 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ドコモさん、敵は内にありです! | メイン | 部下が思うように動かない本当の理由>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://herbist.blog115.fc2.com/tb.php/544-72475188
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。