スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
あなたを損させる管理会計の落とし穴
- 2010/07/02(Fri) -
 管理会計の分野では、会計の専門家を自認しておられる方も結構重大な誤りをおられることがあります。

 その典型が、流動比率という経営指標です。

 これは、少しでも財務分析の勉強をしたことのある方なら、誰でも知っている経営指標です。

 短期支払能力を測定する指標、と説明されます。

 が、この指標が短期支払能力を測定するなど、あり得ないということを知っているひとは多くはありません。

 それどころか、時として流動比率が低い方が好ましいことも少なくないのです。

 詳しくは → 流動比率、この全く信用に値しない経営指標

 何故そんな間違いを専門家も含めて多くの人がおかすのか?

 それは、個々の数字の本質的な意味を考えようとしないからです。

 その他にも、例えば、

 ○「本社費・共通費配賦は可能な限り客観性のある方法を考えなければならない」と考えていませんか?
 ○「キャッシュは、"フロー"を管理していれば良い」なんて思っていませんか?
 ○「その価格では原価割れだぁ!」って真に受けてませんか?
 ○「借入はとにかく少ない方が良い!」って本当ですか?

などなど、危ない常識がたくさんあります。

MIC_SAKURAIをフォローしましょう


櫻みち経営塾、入塾金無料
体験受講者募集中



FC2ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
是非上のバナーをひと押し、お願いします。



 

この記事のURL | 管理会計・マネジメント | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<あなたのその頑張りが問題! | メイン | 管理会計と制度会計は180%違う!>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://herbist.blog115.fc2.com/tb.php/540-42d78fcf
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。