スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
iPadが我が家にやってきた
- 2010/06/17(Thu) -
 アップルにインターネット注文していたiPadが今日我が家にやってきました。

 マニュアルらしきものはありませんでした。

 我が家には無線LAN環境がありますので、簡単な設定をすると、「えっ」というほどあっけなくネットにつながりました。

 これで、調べものをしたい、でもWindowsを立ち上げるのは億劫だななどという思いはしなくてよくなりました。

 それにしても、10年ぐらい前になるでしょうか、こんなことを思ったのを想い出します。

 マウス、確かに操作にはなれたけど、タッチパネルがあるんだから、それ用のPCって何故日本人が作らないのかなぁ?

 当時既にシャープはザウルスをヒットさせていました。

 技術的には、日本でハードもソフトも何の問題もなく作れたろうに・・・

 そう言えば、あの頃、Windows版のタブレットPCがあったような???

 アップルの成功は、音楽ソフトなどの流通システムという基盤を前提にしたことが成功要因だと言われています。

 もの作りに傾斜する国家的な風土=これは国家的な行動の癖というべきものなのでしょう=が禍したのか?

 さて、ここまでアメリカがソフトの優位性を武器に勝ち進んできました。

 ソフト、つまり情報、手で触れないものです。

 手で触れない、プログラム、音楽、映像は私達を豊かにしてくれました。

 ただ、その情報を活かして、物理的に人に役立つサービスを提供するには、また異なったテクノロジーが必要です。

 この分野では、日本の技術は大いに優位性があります。

 そんなことを漠然と考えながら、iPadをいじくって楽しんでいます。

 ところで、iPadの存在を前提にして、少なくとも考えておかなければいけないなぁと感じた点をいくつか述べて、今日のブログを決着させたいと思います。


(1)まずは、iPad、手にしましょう。そしてそのユーザーフレンドリーな設計思想を体感しましょう。
 
(2)次に、このiPadという愉快なツール、皆さんのビジネスにどう使えるのか、それはさんざんいじくり回すと見えるかもしれません。どんどん、いじくり回すことをおすすめします。

(3)でも本音をいうと、これでWindowsなどという欠陥ソフトに漸く訣別できるというより、訣別するべきなのだ、、、私はアップルの回し者ではありませんが・・・いつか日本企業が驚くようなユーザーフレンドリーなツールを開発してくれ、Windowsから訣別できる日を夢見ていたのですが・・・


櫻みち経営塾、入塾金無料
体験受講者募集中



FC2ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
是非上のバナーをひと押し、お願いします。



この記事のURL | 身近なIT | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<費用の部門別按分 | メイン | 相撲界の野球賭博>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://herbist.blog115.fc2.com/tb.php/530-df570f5f
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。