スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
経済情勢
- 2010/06/08(Tue) -
 アメリカの5月度雇用統計が発表されました。

 アメリカでは景気が悪くなるとレイオフで人を削減します。
 逆に景気が回復すると雇用を増やします。

 従って、雇用の増加数は景気の実態を表す重要な指標になっています。

 今年の1月にプラスに転じた同指標は、各月前月比で、1月+1.4万人、2月+3.9万人、3月+20.8万人、4月+29.0万人、5月+43.1万人と順調に増加し続け、特に5月に大幅増を記録しました。

 前月比+15万人がひとつの目安と言われていますから、かなりの回復だと言えます。

 それに連動して、4月の個人消費も前年比+4.6%と改善しています。

 アメリカ経済は、かなり復調を達成しています。

 当然、対アメリカ輸出への依存度が高い日本には追い風です。

 実際、機械稼働率はそこそこに改善し、法人統計が示す企業業績も好調です。

 所定外労働時間が大きく増加し、現金給与総額もわずかながら前年比プラスに転じ、消費もかなり戻ってきています。

 課題は、
  ○政治の混乱
  ○輸入物価の高騰傾向
  ○消費者物価が下げ止まらない
  ○設備投資回復の足取りが重い
  ○株価が不安定で消費者心理と企業業績にマイナス
などでしょうか。


櫻みち経営塾、入塾金無料
体験受講者募集中



FC2ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
是非上のバナーをひと押し、お願いします。




 
 

この記事のURL | その他 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<サービスの輸出 | メイン | 理念と戦略>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://herbist.blog115.fc2.com/tb.php/524-26ecfd38
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。