スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
経営指標で何がわかるか~日経優良企業ランキングを見て~
- 2007/09/18(Tue) -
 今日の日経朝刊に、日経優良企業ランキングが掲載されていました。

 このランキングは、日経が独自に開発した「NEEDS-CASMA」(http://www.nikkei.co.jp/needs/analysis/04/a040121_4.pdf)という手法によって行われています。

 これは、「日本経済新聞社の企業担当記者が日頃の取材活動から感じた「優良企業」のイメージを、因子分析法や判別関数法といった多変量解析の手法を用いて、「総合評点」という形で表現したもの」(上記サイトからの引用)です。

 つまり、簡単に言うと、まず優良企業と非優良企業とが記者の経験と勘によって決められ、それを最もよく表現できる経営指標の組み合わせとウェイトづけを統計的手法を使って明らかにしたということです。

 結果から逆算で、手法を作ったということです。

 結果に客観性があり、正しいものであれば、それによって作られた手法も合理性の高いものになります。

 でも、素朴な疑問として、「優良企業って何?」と思ってしまいます。

 きっとそれぞれの記者の無意識の評価尺度もそれぞれ微妙に異なっているかもしれません。あるいは、ひとつの社内で、知らず知らずのうちに共通のものを持つにいたったのかもしれません。

 尺度がばらばらであった場合には、組み合わせが平均化され、総花的なものになるかもしれません。

 一方、記者たちが無意識のうちに共通の評価尺度を持っているとするなら、日経新聞社というクローズドな世界特有の評価方法になってしまうことになります。もちろん、それが世間一般と共通であれば問題ありませんが・・・

 ま、いずれにしても、せめて「優良企業の定義」ぐらいは知りたいところです。

 (1)100年続く企業?

 (2)社会貢献度の高い企業?

 (3)株主還元度が高い企業?

 (4)従業員満足度の高い企業?

 他にもあると思いますが、これら定義によって重要な指標は異なってきますね。そもそも経営指標だけで、こんな大それたことがわかるとも思いませんが、あえて経営指標に絞って言うと、

 (1)なら、安定度、となると、ストック、特に手元資金や借入金依存度、あるいは自己資本比率なんか重要でしょう。その他、フロー面からは年間の営業キャッシュフローやフリーキャッシュフローにも注目するべきでしょう。

 (2)なら、意外に規模は大事かな。規模が大きいということは、それだけ社会にとって役立つ製品やサービスを多く供給していることになりますし、多くの従業員を雇っていることにもなりますし、多額の税金を納めていることにもなりますから。

 (3なら、単年で言うとEVA(EVAはスターン・スチュワート社の登録商標です)、中期で言うと、DCF法による企業価値なんかが重要でしょう。あるいは、投資利回りという観点からROEなんかも大切でしょう。

 ④なら、一人当たり人件費(給料だけでESが高まることはありませんが・・・)ぐらいでしょうか?

 ちょっと考えただけでも非常に多面的な観点が出てきます。

 今回は、個々の経営指標について、解説は加えません。何故なら中途半端に解説するとわかった気になって誤解してしまうことが多いからです。

 今後、少し時間をかけて、経営指標について何度かにわけで私の考えを述べていきたいと思います。ご期待下さい。

 なお、NEEDS-CASMAでは、私が昨日批判した流動比率は、安全性の指標として採用されていません。理由は明確ではありませんが、多分優良・非優良という区分と何の相関もなかったのではないかと想像しています。


ブログランキングに参加しています。
皆さんの励ましだけが、このブログの原動力です。
下のバナー、1日1クリック、ご協力をよろしくお願いします。


FC2ブログランキングプチッとひと押し
お願いします(拝)




魑魅魍魎が跋扈する経営指標の世界からあなたを救います。

 

この記事のURL | 管理会計・マネジメント | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<業績給で組織は活性化するか? | メイン | 流動比率、この全く信用に値しない経営指標>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://herbist.blog115.fc2.com/tb.php/52-d6ccf692
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。