スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
港区散策
- 2010/05/20(Thu) -
 今日は、セミナーの谷間、東京で半日ほど自由時間を持てました。

 宿泊先の東京プリンスホテル周辺を散策することにしました。

 まずは、東京タワー、あいにく雨天でしたので上にはあがりませんでした。近頃は東京スカイツリーに主役の座を奪われた感がありますが、まだまだその威容、貫禄は十分です。

 写真は昨日の夜携帯電話で撮影したものです。なかなか写真では、その雄大さは表現しづらいですね。

tokyo_tower.jpg

 次に増上寺、徳川の将軍たちが祭られています。

 本堂に安置された、本尊「木造阿弥陀如来像」を拝観しました。

  →木造阿弥陀如来像

 慈愛に満ちたお姿を仰ぎ、胸の奥底から感動がわきあげてきました。静かに目を閉じ、しばし瞑想し、元気に生かされ今この場にいる幸せを感謝しました。

 増上寺を後にする際、何かを置き忘れた強い感覚に襲われました。何も忘れてはいませんでした。もしかしたら、私に不要な何かを落としていただいたのかもしれません。

 増上寺から歩いて約10分、以前から気になっていた汐留のイタリア街へ行きました。

 itaria_town.jpg

 汐留から再び芝公園に戻り、東照宮にお参りし、公園内の伊能忠敬の碑を見ました。

 伊能忠敬、この人は、50歳のときに測量を学び、56歳で日本全国の測量を始めます。

 当時の50歳というと、きっと今で言うと70歳ぐらいの感覚でしょう。新しいことを始めるのに遅いなどということはないのですね。一生新しいことに取り組める自分でありたいものです。

 そして、最後に訪れたのが東京ミッドタウンの近く、国立新美術館です。

 焼物好きの私にはたまらない展示の真っ最中でした。

  →ルーシー・リー展

 お茶とお花を趣味とする私、花器があると、「この花器なら、こんな花材を、こんなふうに活けて玄関に飾ったら、うぉー、いいやん」などと思いながら、あるいは「あっ、これお抹茶茶碗になるなぁ」などと思いながら、存分に楽しみました。

 釉薬の使い方、模様のつけ方、独特のものがあり、見れば見るほど感動がこみ上げてきます。

 いやぁー、誠に素晴らしい東京でのオフでした。


FC2ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
是非上のバナーをひと押し、お願いします。



この記事のURL | 料理ネタ他プライベート | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ソニーとグーグル提携 | メイン | ソニー、ジュース発電>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://herbist.blog115.fc2.com/tb.php/511-e3449279
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。