スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
櫻みち経営塾、行動分析学研究
- 2010/04/10(Sat) -
 行動分析学については、以前、このブログで簡単に触れました。
http://herbist.blog115.fc2.com/blog-entry-432.html

 行動分析学とは、「人間の行動の法則性を明らかにすることで、人の行動における問題を解決しようとする実践的な心理学」です。

 ”部下が自分の指示通りに動かない”

 そんな時に、その部下の性格、能力、やる気、適性のせいにして、問題解決のためのアクションをとらないことを、

”個人攻撃の罠”

と言います。

 例えば、”会議の運営について、資料の事前配布、議題確認、結論確認、進捗チェック・・・”、何度言ってもちゃんとできない。それどころか、そのことを指摘したら、ふくれっ面するばかり。

 こいつは、やる気がないのか!はたまたバカか!

 それでは、問題は解決しません。

 さて、ではどのような方法で、この部下の行動を変えていけるのか?

 その基本原理は、意外なことに、人間以外の動物の行動分析から明らかになってきました。

 櫻みち経営塾では、このような行動分析学についても今後実務に活かせる方法を研究していきます。

 折りに触れて、このブログでも、そのごくエッセンスをご報告したいと思っています。

おもしろかった←投票お願いします
参考になった←投票お願いします



この記事のURL | 行動分析学 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<顧客の声 | メイン | 会社を私する>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://herbist.blog115.fc2.com/tb.php/494-1f3484b9
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。