スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
経営の教科書という本
- 2010/03/02(Tue) -
 「経営の教科書」という本、感銘を受けました。

 実務家がお書きになった本ですので、理想論ではなく、理論的展開を十分意識しつつも実践的な提言に満ちていました。

 印象に残ったのは、意外に当たり前のことです。でもできないんですねぇ。

 ○理念・ビジョンが社員をして大きな仕事に取り組ませる原動力になる

 ○経営者が意思決定する際には、「多・長・根」を唄えながら行うべし(多面的、長期的視点、根本)

 ○顧客は新規開拓よりも固定化こそが重要である

 ○決断を正しいものにするためには、「自分と反対の性格の人を傍におくこと」と「撤退基準をプランを明確にしておくこと」が重要である

 他にもたくさんたくさん示唆に富んでいます。

 これ以上ご紹介するよりは、是非皆さんお読みになれば良いと思います。


FC2ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
是非上のバナーをひと押し、お願いします。



この記事のURL | その他 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<事業戦略とバランス・スコアカード | メイン | コンサルタントの位置づけ>>
コメント
-管理人のみ閲覧できます-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/03/03 12:03  | | #[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://herbist.blog115.fc2.com/tb.php/478-7ba138f7
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。