スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
コンサルタントの位置づけ
- 2010/02/25(Thu) -
 昨日の中小企業家同友会、ひとつだけ残念、というか気分の悪いことがありました。

 参加していたあるコンサルタントがさかんにこんなことを大声で主張していました。

 「コンサルタントは上目線で、ものを言うけど、本当は経営者の方が上なんですよね」

 きっと、たくさんいらっしゃった経営者の方々はさめた目で聞いておられただろうと思います。

 上とか下とか、何と稚拙な論理だろうと、

 上目線で経営者に話をするコンサルタントがどれぐらいいるのか、私にはわかりませんが・・・少なくとも私の周りにはそんな勘違いした人はいません。

 それはともかく、そもそも上とか下とかということではなく、役割とか得意な分野が違うわけですから、そんな単純な比較に何の意味もありません。

 経営者はどちらかというと、専門とする分野に対する深い知識と経験、事業を興し組織をまとめてきた経験を持った、ま、いわばスーパーマン的存在です。そしてサイエンスを超えたアート、感性や勘といった意思決定の最終段階で重要な役割を果たす能力にたけておられる。

 一方コンサルタントは、経営技術についての知識と、幅広い事例を知っている。例えば、部門別業績管理制度構築、
ひとつの企業にとっては、10年に1度ぐらいしか直面しない課題に、コンサルタントは年に何度も直面しています。

 船井総研の河口裕治氏がこんなことを著書の中で述べておられます。
「先に出発した飛びきり足の速いウサギ(経営者のことです)がいねむりもしないのでは、カメ(コンサルタントのことです)はどうする?とにかく走る。走り走るうちに、叫びながら、泣きながら、ガメラに変身して空を飛ぶしかない」

 私が結構好きなフレーズです。つまり、死線を越える努力をしないと、経営者に対することなどできなんだと。

 これが、まっとうなコンサルタントの意識です。

 もうひとつこのコンサタントが大声で主張しておられたことがあります。

 「コンサルタントは、原理原則や抽象的な理論しか知らないんです。そんな原理原則や理論通りになったら誰も苦労しませんよね」

 「アホやなぁ」(失礼!^^;)って思いました。

 同友会という組織がいかに理念を重んじるか、理念、それはつまりその会社の経営にとっての原理原則です。

 原理原則を忘れたところから様々な不具合が生じる、そんなことも知らずにコンサルタントをしているのかと、久しぶりに同業者(???)を冷たい目で見てしまいました。

 更に言えば、「理論通りに現実はいかない」、2つのことを知らないんでしょうね。
 ①経営理論の不完全さ、自然科学のように厳密な論理性を持って確立された理論なんてほとんどないでしょう。その意味で限界があるのは当然です。そのことを踏まえて理論を使う、コンサルタントでなくても経営にかかわる方々は皆知っていることです。
 ②本当に確立された理論があって、現実がその通りにならないとするなら、それは「理論」という概念の問題ではなく、その個別の理論が間違っているということですね。

 ちなみに、グループ討議の場で、経営者の皆さんに向かって一番大声で上目線で話をしておられたのは、そのコンサルタント氏でした。

 同業者を悪く言ったことは、これまで一切なかったのですが、、、あまりにも目に余ったもので、ついついこんなことを書いてしまいました。

 人を非難すると、自分が貶められる気がして、気分の良いものではありません。

おもしろかった←投票お願いします
参考になった←投票お願いします



この記事のURL | その他 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<経営の教科書という本 | メイン | 変化対応力>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://herbist.blog115.fc2.com/tb.php/477-f68587ac
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。