スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
経営に目覚める時
- 2010/02/23(Tue) -
 知人から稲盛和夫氏が塾長をつとめておられる「盛和塾」の会報を頂きました。

 頂いた号には、稲盛塾長のお言葉による「アメーバ経営」についての講演録がおさめられていました。

 私は、既に、アメーバ経営については、何冊か書物も読み、講演も聴いており、概ね理解しているつもりではありましたが、改めて稲盛塾長の生のお話を読ませて頂き、新たな発見がいくつかありました。

 特に改めて感じさせられたのが、

「自分の分身のように、経営責任を分担してくれる仲間が欲しいと心の底から願っていました。」

というお言葉でした。

 経営の責任と権限を分担してくれるリーダーを育成して、独立採算的に運営する、アメーバ経営の基本になった考え方です。

 ”当たり前”と聞き流してはいけない言葉だと思いました。

 このことを感じた時から本当の意味の「経営」が始まるのだと思います。

 残念ながら、本当の意味でこれを感じない経営者は多いと思います。

 この根本のところの感性がなければ、アメーバ経営をはじめとした分権化組織の意味は本当には理解できないのだと思います。そして、組織の規模が一定以上になった場合、分権化の発想なしには、組織の成長はあり得ません。

 稲盛さんのような方にして、このように思われるのに、自分は万能だとばかりにワンマンぶりを発揮する経営者の何と未熟なことかと、思わざるを得ません。

 何故このように謙虚に思えないのか?
 過去の成功体験がなせる技でしょうか?

 「思い通りに部下が動かん!」などと嘆き愚痴る暇があったら、自らを客観視する癖をつけることです。

おもしろかった←投票お願いします
参考になった←投票お願いします



この記事のURL | 管理会計・マネジメント | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<変化対応力 | メイン | 経営統合>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://herbist.blog115.fc2.com/tb.php/475-2a3bd34e
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。