スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
経営理念は何故必要なのだろう?
- 2010/02/06(Sat) -
 先週・今週と出張続きでした。

 今週は山形と東京、5日間の出張でした。

 出張期間中に、個人で商売をしている若い人と話をする機会がありました。

 彼は、通称ホリエモンこと堀江貴文氏にひかれているとのことでした。

 堀江貴文氏にも光と影の部分があり、悪いことばかりではありません。

 が、その彼は、堀江貴文氏のお金中心の生き方に共感をおぼえているようでした。
 (堀江貴文氏の理念が"お金"だとは私は思いませんが・・・)

 なかなかそのように極端なことを言う人も珍しいですね。

 私が理念の話をすると、案の定つっかかってきました。

 「そんなのはきれい事だ。そんなお題目で経営なんかできるもんじゃない。」と。

 経営理念とは、
 "利益やお金を超えたところにある経営の目的"
 あるいは、
 "我々は何のためにこの会社に集まって共に活動をしているのか?”
について記述されたものです。

 それが何故重要なのか?
 彼に話しました。

 もし、経営理念がなく、お金儲けだけが目的だとしたら、どんなことが起きるのか?

 ○経営行動に一貫性がなくなり、また社員も皆勝手な判断でバラバラな行動を行い、組織の力を十分引き出せなくなる

 ○社員も利己主義的傾向を持つようになり、組織内に不協和音が絶えなくなり、組織のシナジーを発揮できなくなる

 ○独自性のない経営になり、社会での存在価値が薄れる

 ○お金のみに価値を見いだし、手段を選ばない経営の結果、モラルにもとる行動をとるようになり、社会からも信頼を失う

 そんなことを話しました。

 が、今、彼にはこう言ってあげれば良かったと反省しています。

 あなたには「正しいことをする喜び」はないのか?
 
 「きれい事などではなく、結局大事なのはお金だ」と、自分で自分を騙しているだけではないのか?

 そんなことで、お金だけを追いかけて、本当にあなたは幸せなのか?

 もっともっと納得いく説明、納得いく語りかけができなければと、反省をしました。

 それにしても、「理念が無い、あるいはあっても組織に浸透していない場合」の悪影響、上に書きましたが、現実にそのような会社をたくさん見てきました。

 皆が普段思っている以上に、「怖いこと」なのだと、今改めて感じています。

おもしろかった←投票お願いします
参考になった←投票お願いします



この記事のURL | 経営戦略 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<経営統合 | メイン | アバターで感じたこと>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://herbist.blog115.fc2.com/tb.php/472-2c4a4034
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。