スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
計画の推進の為に
- 2010/01/12(Tue) -
 私が主宰する、「櫻みち経営塾」では、塾生から提起された経営課題を題材に、塾生全員でそれぞれの経験と智恵をメーリングリストやリアルのミーティングで出し合い、相互作用・融合を通じて、経営ノウハウ構築を行うという新たな取り組みをスタートしています。

 最初のテーマは、「中期経営計画」の推進です。

 あくまで、この議論は塾内のクローズドなものですから、これをこのブログでオープンにすることはできません。

 ですから、私自身がこのテーマについて、どんなことを考えているか、そのごく一部を簡単にお示ししておきたいと思います。

 ポイントはたくさんあります。

 その多くは、計画立案プロセスにあります。

 例えば、

 ・トップがどれだけ本気を示したか
 ・過去と現在についてしっかりと反省したか
 ・延長線上にどのような悲観的な未来があるかを示したか
 ・戦略と連動した業績評価指標を設定したか
 ・計画実現時の明るい未来を具体的に示したか
 等々
 他にもたくさんありますが、いかがでしょうか?
 この程度は、多くの人が思いつくではないでしょうか?

 ただ、もうひとつ大切なこと、非常に生々しい視点があると思います。

 それは、「心」の問題です。

 論理だけで人間が動くことはありません。

 本当の意味で、人をその気にさせ、持てる力を引き出すには、「心」つまり「感情」面に配慮することが必要です。

 その点について、ジョン・コッターは「危機意識」の重要性として強調しています。

 そして、計画推進においては、私は極めて日本的と言われますが、非公式の人間関係の構築が非常に重要だと考えています。

 例えば、現場の責任者と対話する。その目的は、
 ・現場の情報を得る
 ・現場に耳を傾ける姿勢を見せる
 ・根回しをする
などなど、あると思いますが、それと同時に、「お前が言うんだった、なんとかひと肌ぬいでやろうか」的な人間関係の醸成という視点は無視できません。

 極めて日本的?実はそんなことはありません。メイヨーやレスリスバーグによって提唱された人間関係論は、非公式組織の重要性を訴えています。

 賛否両論あるかもしれませんが、近頃は、私もコンサルタントの立場で、時にはポケットマネーでクライアント先企業の現場責任者と食事やお酒をともにすることがあります。


FC2ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
是非上のバナーをひと押し、お願いします。




この記事のURL | 管理会計・マネジメント | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<理念経営 | メイン | 初釜2010>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://herbist.blog115.fc2.com/tb.php/467-52dab413
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。