スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
今年もあとわずか
- 2009/12/31(Thu) -
 今年も残りあとわずかとなりました。

 今年の私にとってのキーワードは「改革」でした。

 米国発の世界的な不況の影響が本格化したのが今年でした。

 関与先でも、業績を悪化させる先が相次ぎました。

 そして、いくつかの会社で取り組んだが「改革」でした。

 今回業績を悪化させた企業のいくつかは、リーマンショックの影響を直接的に受けた企業でした。つまり、外需依存型もしくは外需依存型の得意先を持つ企業でした。

 しかし、そんな企業ばかりではありません。

 日本経済が不調になったのを機に、社内の問題が一気に顕在化した、そして業績が下降線をたどりだした、そんな企業も多かったように思います。

 「経済が不調で、問題が顕在化した」、これはチャンスですね。折角の改革のチャンスなのに、業績不振を外部環境のせいにしたりしていてはもったいないですね。

 環境のせいにせず、従業員の怠慢のせいにしたり、営業マンの尻をたたくことで解決しようなどという経営者も少なくありません。
 
 そんなことではなく、是非、この機会に、基本にたちかえっていただきたい、そんなふうに感じた今年でした。

 課題は、戦略にあるのか、マネジメントにあるのか、あるいは両方なのか、結構両方という企業が多いように思えます。

 戦略、どの事業分野に資源を傾斜配分するのか?そして競争に打ち勝つために自社の競争力の源泉を的確につかみ、それをいかに強化するのか、そんなことを、この機会にじっくり考えてみることです。

 経営者の好き嫌いで資源配分が行われている、資源が分散している、あるいは声の大きい人の意見で資源配分が決まっている、そんなことは多いですね。

 自社がなに故にこれまで市場に受け入れられてきたのか、その競争力が何か、実はよくわかっていなかったという企業も少なくありません。

 そして、組織の全員が戦略を理解し、顧客視点で物事を考え判断し、スピーディーにビジネス・サイクルを回し続ける、そんな組織とマネジメントシステムを確立することが基本です。

 最後は、人を大切にし、人の心を考え、そして、現場が主導して、ただただ顧客を考えて行動する。

 改革、そしてそのためのキーワード
 ・資源の傾斜配分
 ・顧客視点
 ・ビジネススピード
 ・心
こんなことを大切にしたいものです。

 そんな基本的なことからしか活路は見いだせないはずです。

 来年も、急速に経済環境が改善することは期待できそうにありません。

 やるべきことをきちんとできる、そんなお手伝いを来年もやり続けたいと思います。

 どうか、皆様、良いお年をお迎え下さい。


FC2ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
是非上のバナーをひと押し、お願いします。



この記事のURL | 経営改革 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<優良衣料品小売業 | メイン | 切手の商品特性>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://herbist.blog115.fc2.com/tb.php/464-461e803b
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。