スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
会社再建の生の声
- 2009/11/21(Sat) -
 今日(20日)は、中小企業家同友会の定例会にゲストとして参加しました。

 講演者は、会社を存続の危機から救ったある中小企業の若き経営者、3代目社長でした。

 実際に体験し、自ら道を探し、そして成功を勝ち取った、修羅場をくぐり抜けてこられた方だけが語り得る、そんなご講演でした。

 他人は同じ内容を話せても、同じ思いは決して伝えることはできないと感じました。

 お話の行間、つまり字面だけではなく、身体全体で伝えようとしてくださった全部を捉えようと全神経を集中させ1時間聞き入りました。

 近頃は、様々な企業様で改革の仕事をすることが多くなっています。

 そんな時に私が大切にしているコンセプトがあります。

  1.ビジネス・スピードの驚くほどの向上
  2.顧客の立場で考える
  3.(特に従業員の)心を変える

 いずれをはずしても、改革は成就しないと思いますが、中でも3の「心」が一番大切であると感じさせられることが多くなっています。

 経営者自らが姿勢を変え、直接語りかけ、情報をオープンにし、従業員の経営への参加を促す・・・

 「モノ作りを通じて人の幸せに貢献する」という強い思い、そのことが再建の原動力であったとのお言葉がありました。

 もちろん、具体的な資金対策、損益改善努力、そんなものがなければ、いくら人を大切にしても再建はおぼつきません。それは言うまでもありません。

 しかし、それだけで成功するほど、会社経営は簡単ではないということです。

 人の心をどう変えるか、どう共感を得るか、そこにキーがあります。

 今回の経営者からのお話で、そのことの正しさを確認でき、とってもすがすがしい思いでした。


FC2ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
是非上のバナーをひと押し、お願いします。



この記事のURL | 経営改革 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<トヨタ張会長のご講演 | メイン | 中小企業のIT>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://herbist.blog115.fc2.com/tb.php/456-813b7504
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。