スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
初秋の近江路
- 2009/09/27(Sun) -
 今日は、茶道裏千家青年部主催行事で、滋賀県へ行ってきました。

 行き先は、主に

 ○佐川美術館
 ○クラブハリエと近江八幡日牟禮ヴィレッジ

でした。

 佐川美術館は、平成10年(1998年)、佐川急便創立40周年を記念して開館した美術館です。
 日本画家平山郁夫と彫刻家佐藤忠良の作品を中心に展示されています。

 平山郁夫のシルクロードの人々や町並みの水彩画、これは私は大好きでした。自分でもこの描き方で一回チャレンジしてみようかとも思いました。
 砂漠の絵の3点は圧巻でした。ひきで見ると、稜線が輝いて見え非常に幻想的でした。

 佐藤忠良の彫刻は、子どもの成長を追った作品が活き活きとしていて印象的でした。

 そして、平成19年(2007年)9月2日には、50周年記念事業として、十五代樂吉左衞門の陶芸(樂茶碗)作品を展示する「樂吉左衞門館」が敷地内に新館が建設されましたが、斬新なデザインの茶室も併設されています。

sagawa_museum.jpg


 路地、待合い、小間、広間と南洋材や石・コンクリートを多用した建物で、広間は外と直接つながり水上に浮いているように見えます。磨き上げられた巨大な硝子は全く目に見えず、視界に柱もなく、極めて開放感の高い特別な空間です。

 ただ、印象としては、十五代樂吉左衞門氏と建築家が佐川急便の財力をふんだんに活かして、やりたいことを全部やり尽くした、という感じでした。

 機能的、デザイン的に洗練され、確かにセンス良く非常に優れているのですが、私個人としては、利休が愛した質素なわびさびの世界が好きです。

 それに何故わざわざ南洋材や外国産の石を多用するのか・・・国産の杉・檜・欅なんかを使わなかったのはどういう理由なのか、などと考えるのは私がへそ曲がりなのでしょうか?

 解説者も多少は自責の念をこめておられたのか、「森林伐採の批判があるようですが、言い出したらきりがありませんから」などと言っておられました。

 南洋材を無管理に伐採することの意味、国産材を適切な管理の元に使うことによる環境への貢献、解説者がご理解にならないのはやむを得ないとしても、社会的存在としての企業が無頓着なのはいかがなものかとも思えます。

 日牟禮ヴィレッジは、日牟禮八幡宮の境内にあり、たねやグループの総合拠点です。
 古風な町屋作りの空間、バームクーヘンを売る赤煉瓦のクラブハリエ、四季の花が楽しめる日牟禮ガーデンなどなど、更には近江八幡の昔ながらの情景、見所満載です。

 ただ、残念ながら、私はは今回の行事の幹事役のひとりで、その後に予定されていた呈茶の準備のため、全くこれらを楽しむことができませんでした。残念!

 事前の栞作り(デザインにも内容にも結構こだわりました)、本番での写真撮影、呈茶、結構働きました。おもしろかったです。

shiori.jpg
   栞の表紙


FC2ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
是非上のバナーをひと押し、お願いします。



この記事のURL | 料理ネタ他プライベート | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<近頃の経営ネタ | メイン | 公共事業と埋没原価>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://herbist.blog115.fc2.com/tb.php/440-6b70e82e
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。