スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
天神祭献茶船
- 2009/07/25(Sat) -
 天神祭献茶船に乗ってきました。

P1010195_R.jpg
P1010185_R.jpg

 献茶船は、御神霊が座乗する「御鳳輦船(ゴホウレンセン)」に献茶するのが使命ですが、毎年茶道裏千家淡交会の大阪の4青年部が持ち回りで担当しています。

 今年は、私が所属する西支部ではなく、南支部が担当でしたので、私はおよばれのお客さん、誠に気楽な役回りでした。

 今日は、 昼過ぎに土砂降りの大雨でこりゃダメかなと思いましたが、それが却って非常な涼しさを運んできてくれました。

 ただ、土砂降りの雨は、満潮とあいまって、水位を異常に高め、献茶船が橋の下をくぐるのが非常に危なっかしく少しひやひやしました。

 いでたちは浴衣に角帯、白足袋を履き、午後5時半に乗船、暫くは御神霊が御鳳輦船に座乗されるのを待機して待ちます。

 さて、御神霊の座乗が終わると、献上船船上で貴人点というお点前が行われ、その後、御鳳輦船に接近、献茶を行いました。

 献茶船は、御神霊に献茶後は、御神霊の座乗する「御鳳輦船(ゴホウレンセン)」の後ろに従って1時間ほど川を遡ります。

 次々と花火が上がります。
P1010260_R.jpg

 そこには、素晴らしい役得が待っていました。

 御鳳輦船が通過するのに合わせて間近に花火があがりました。我々はそのすぐ後ろに従っています。
 地響きと共に数え切れない大輪の花火が頭の上に打ち上がりました。

P1010257_R.jpg

 二度とない経験です。
 このような機会を与えて下さった皆様に心から感謝しています。


FC2ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
是非上のバナーをひと押し、お願いします。



 
この記事のURL | 料理ネタ他プライベート | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<櫻みち経営塾第1期生募集 | メイン | 意思決定のための、事業・製品・部門評価>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://herbist.blog115.fc2.com/tb.php/417-d6d40dd2
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。