スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
保証付融資制度が変わります
- 2007/09/07(Fri) -
 今日ある経営者とお話していて、「あっ、ブログにあげておいた方がいいな」と思ったことがあります。

 きっと、経営者の方々もたくさん、読んでくださっているでしょうから。

 10月1日から、一部の例外(小規模企業による1,250万円以下)を除いて、信用保証協会は、金融機関からの融資の80%しか保証をしてくれなくなります。

 残りの20%は各金融機関のリスクになりますから、金融機関の貸付審査が厳しくなることが予想されます。

 信用保証制度は、信用力において限界のある中小企業の信用補完という意味で、これまで大いに恩恵にあずかってこれれた企業さんは多いですが、今後はかなり状況が変わることになるでしょう。

 なお、今月中に保証協会で申込受付をしてもらったものについては、これまで通り100%の保証が受けられます。

 社長さん、経理部長さん、資金需要がある場合には、お忘れにならないよう、今月中に手続き下さい。

 ただ、一方では、金融機関との適切なコミュニケーションを行うことによって、信頼を得、ひいては格付けのアップを実現することが本質的な対策になるということを忘れないでいただきたいと思います。

 金融機関とのコミュニケーションでは、少なくとも
 ①管理会計制度などマネジメント・システムが確立しており、科学的な経営が行われていること
 ②将来の見通しを前提として戦略的な経営が計画されており、説得力をもって説明できること
 ③当然そこには数字の裏付けがあること
 ④権限委譲を前提として、従業員のモチベーションにも配慮され、組織的な経営が行われていること
 などを示すことは重要だと思います。

 金融機関の担当者も忙しいですから、積極的に情報提供する企業、しかもそこに科学性と説得力があれば、そうでない企業に対するよりも積極的な姿勢を示してくれる可能性は大きくなります。


融資が必要な人もそうでない人も
FC2ブログランキング
上のボタン、是非押してくださいね。



管理会計制度の構築ならお任せ下さい。

 

この記事のURL | ファイナンス | CM(0) | TB(1) | ▲ top
<<経営者の人相 | メイン | 食糧危機の足音?>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://herbist.blog115.fc2.com/tb.php/41-98fffe10
-融資 制度-
住宅財形融資について財形住宅融資について質問です。 現在、勤務先にて財形貯蓄をやっています。 ですが、勤務先に住宅財形融資を受けることはできるのか問い合わせたところ、その融資制度はないと回答されました。財形住宅融資に …
2007/09/16 11:53  融資情報 ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。