スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
行動の癖を変える
- 2009/06/18(Thu) -
 ある会社の改革に深くかかわっています。

 そんな中で、近頃は、決定を「早く」、行動を「早く」、ってかけ声をかける役目になっています。

 改革のビジョンの中に大きく取り上げているのが、
  ○びっくりするほどのビジネス・スピード向上
  ○全てを顧客視点で考える
  ○とにかく変える
などです。

 なかなかに、保守的官僚的な組織風土で、良い戦略を持っても機能しない特性があります。

 さて、そんな中、
「別に今日決めなくても支障はありません。じっくり1・2週間考えて決めたらいいじゃないですか」
との指摘をもらいました。

 そのときの課題が急ぎでないかどうかは別にして、仮に急ぎでなくても、やはりあえて「早く」と言いたいわけです。

 何故「早く」なのか。

 それは、習慣、行動の癖、を変えるということなんです。

 習慣を変えることで、この組織の文化が変わる。そう思っています。

 改革は、もちろん良い戦略とその実践が重要であることは間違いありませんが、最後の最後に一番大事なこと、

それは、”組織の文化を変える”ことなんです。

 最終的に文化を変えることに失敗した改革は、一時的に小さな成功を収めても結果としては失敗に終わります。

 このことは、経営学の分野で既に一般に認められていることなんです。

  ○別に今日でなくても良くても、できるなら今日やる
  ○別に変えても大してかわらなくても、変える

 そんな癖をつけることが少しづつ文化を変えることにつながっていきます。

 そして、そのように行動を変えることで大きな成功を得ることができるといことを体験していただくことがその文化を定着させます。

 ここからが正念場です。


FC2ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
是非上のバナーをひと押し、お願いします。



この記事のURL | 経営改革 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<ゼロベースマネジメントの講演をしました | メイン | 未来新聞>>
コメント
--
>何故「早く」なのか。
それは、習慣、行動の癖、を変えるということなんです。

そうです。同感です。

別の例としては、ぎりぎりまで、在庫を減らす努力をしてみるという、癖付けもありますね。

道半ばですが、またいろいろ教えてください。

ありがとうございました。
2009/06/20 11:05  | URL | so #-[ 編集] |  ▲ top

--
soさん

いつも有り難うございます。
何故ギリギリまでやるのか?
やらずして理屈を言うだけなら何の成長もありませんものね。
やってみる、例え失敗してもそれは大きな経験、確実に成長につながりますね。

クライアント企業と対峙する中で、こちらも新しい気づきを与えられ、成長させて頂いています。

またの、ご意見をよろしくお願い致します。
2009/06/20 15:50  | URL | 南の冠 #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://herbist.blog115.fc2.com/tb.php/403-2b7e951a
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。