スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
参議院選が終わって
- 2007/07/30(Mon) -
事前に予想されていたとはいえ、あそこまでとはと驚いている人も多いでしょう。
私の政治的考えを明らかにするつもりはありませんが、これほどまでの極端な結果には思うところがあります。

自民党大敗(民主党大勝というより)の原因は昨日のテレビ番組の中でも色々指摘されていましたが、「年金問題」「政治と金」「閣僚の度重なる失言」「地方切り捨て」などが主だったところでしょうか?
残念ながら、この国や世界のあり方、ビジョンのようなものを前提とした政策論議が中心的課題ではなかったことは、いつものことながら残念な気がしています。
どうしても、目の前の損得や怒りによって選挙民の行動が大きく変化するという状況はこの国に限ったことではないのでしょうか。

このような近視眼的対応は、何も国の政治だけのことではなく、多くの企業の経営においても見られます。
たとえば、
・利益を出すためにとにかく経費削減とばかりに、戦略性を持たずにメリハリのない対応を繰り返し、組織全体が疲弊していく
・従業員に意欲がないので、まずは成果主義賃金だと明確な経営方針の提示もなく賃金に手をつける
・顧客との関係や競合、それらを前提とした物流全体に対する考え方を持たずに行われる近視眼的な在庫削減運動
ちょっと考えたらいくらも出てきます。

いまこの国、そして多くの企業に求められるのは間違いなく戦略性だと思うのですが・・・


少しでも「面白かった」と思われた方
FC2ブログランキング
上のボタン、是非押してくださいね。



経営課題の解決、お任せ下さい。

この記事のURL | その他 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<イヤならやめろ! | メイン | スタバのタンブラーをタリーズで使えるか? >>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://herbist.blog115.fc2.com/tb.php/4-5348ef76
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。