スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
万人受けは無理か?
- 2009/05/21(Thu) -
 東京でのセミナーから帰還しました。

 私はここ1年ほど、公開セミナーで、ある試みをしています。

 公開セミナーの常なのですが、参加者の事前の知識レベルや経験がかなりバラバラです。

 従って、事前期待も当然同じではありません。

 故に、こちらの都合だけでセミナーを押し通してしまうと、事前期待と違ったと思われる方が出てくることになります。

 こんなことを防ぐために、セミナーのチラシには、可能な限り細かく当日の内容を書くようにしていますが、それも限界があります。

 そこで、「質問・要望書」というものを配布し、「質問事項、よく理解できなかったこと、もっと深く聞きたいと思った事項、追加で触れて欲しい事項、その他要望」を自由に書いて、セミナー中いつでも提出できるようにしました。

 書いて頂いた質問・要望書については、可能な限りセミナー内で対応し、困難なものは個別にセミナー後にお応えしたり、後日メールなどで対応するということにしました。

 きっと喜んでいただけるだろう、とずっと思っていました。

 が、これも諸刃の刃であることを感じさせられました。

 対応を誤ると逆に満足度を下げてしまうのだと。

 ほぼ同時に2人に方から質問・要望書が提出されました。

 おひとりからは、「もっとレベルアップ、スピードアップをしてほしい。貴重な時間とお金を使っているんだからもっとペースアップし、演習時間など1問当たり1分で充分」などというご要望でした。

 もうおひとりからは、「まるでノルマを無理矢理こなすかのようなペース」とのご指摘でした。

 つまり、ほぼ逆のご要望をいただいたわけです。

 困りました。そしてそのまま表現してしまいました。「困りました」と、、、

 これがいけなかった。

 事後アンケートで「もっとプロらしくしてほしい。言い訳はいい」とのご指摘でした。
 この方からの評価点は最低のものでした。

 この仕事を始めてこれだけ辛辣なご批判をいただいたのは初めてでした。

 私に慢心があったのだろうと思います。

 また、このような事態が起きることを想定して、対応策を予め考えておくことを怠っていたと、非常に悔しく感じ、またご満足いただけなかった受講者の方に申し訳なく思っています。

 レベル差に関するご要望には、毅然と次のように応答するべきなのだと、今は思っています。

 ・レベルが高いと感じる人がいる一方、低いと感じる人もいる
 ・レベルについては、平均的な受講者像を想定して、設定せざるを得ない
 ・従って、要望は、具体的な事項を明示の上、もっと丁寧に説明せよ、あるいは逆にもっと実務的なハイレベルの内容にせよなどとと要望してほしい

 読者の皆様、どう思われますか?

 いずれにしても、私の間違いに気づかせて下さった受講者の方に感謝いたします。


FC2ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
是非上のバナーをひと押し、お願いします。



この記事のURL | その他 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<企業変革の核心 | メイン | ゼロベースマネジメント革命(14)>>
コメント
-また学習塾ネタですが-
「浮きこぼれ」と「落ちこぼれ」は、1対多のセミナー形式で行う場合必ず発生します。
桜井先生ご指摘の通り、「事前期待」にもばらつきがあり、あちらを立てればこちらが立たずで窮することがあります。
そこで、「浮きこぼれ」向けに、少々踏み込んだ内容をレジュメ巻末に事前に追加(その場では対応できませんが…)。
同じくレジュメ巻末に、より基本的な内容を追加して臨み、「ちょっと難しいな~と思う人、簡単すぎっ!って思う人は遠慮なく巻末で遊んでてください」と案内してからは、多少マシになったかと…。
それと、「もっとプロらしくしてほしい。言い訳はいい」というご指摘はまぁわからなくもないのですが、この方の期待はやや非現実的に思えます。
どういうことかと言うと、この方ご自身の「プロのイメージ(または理想)」から外れると、このような辛らつなフィードバックをする方のように思えるのです。
つまり、この方の評価が必ずしも妥当だとは限らないと思うのですが、いかがでしょう。
2009/05/22 09:06  | URL | のび太 #7VgScPWU[ 編集] |  ▲ top

--
のび太先生

いつも本当に役立つアドバイス感謝します。
実は、私も似たようなことをしています。
巻末に参考資料として、少し踏み込んだ内容を添付したりします。(より基本的な内容は考えていませんでした)
昨日は、元々タイトルに「・・・の基本」と銘打っていたので、それをしなかった、それがいけなかったという面もあるかもしれません。
それと、この方、確かに普通より少し違う価値観の持ち主、あるいは普通よりかなり評価が厳しい方なのかもしれません。が、このような人を想定した対応を考えておけば鬼に金棒かな、などと考えています。
まだまだ手探りですが、こんなご指摘をいただけるから、考える機会が持てる。それはそれでありがたいことです。
2009/05/22 10:43  | URL | 南の冠 #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://herbist.blog115.fc2.com/tb.php/395-62ce66c1
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。