スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ゼロベースマネジメント革命(14)
- 2009/05/16(Sat) -
5.業務改革の具体的方法 ~代替案作成のための一方法~

 前回までゼロベース予算ZBB)の基本的な考え方について、ご紹介しました。

 このようなZBBを真の意味で経営改革の道具にするためには、具体的な業務改革のノウハウがなければなりません。

 でなければ、素晴らしいZBBも机上に空論になりかねません。

 ここで、ZBBで扱われる間接コスト削減の方法について、効果の小さい順に、ZBBとの係わりの視点から概括してみましょう。

(1)改善
 ムダとりと言った方が分かり易いかもしれません。
 ワンライティング化、転記削減、プレプリント化、マニュアル化、印鑑削減などなど
 このような改善については、現行パッケージを作成する際に既に盛り込まれることになります。

(2)サービス水準
 業務の頻度や作成する資料の量、質などの点において、提供する水準を落とすことでコスト削減につなげようというもので、ZBBにおいては、中心的な削減手法になっています。
 基準パッケージにおいて、既に現行よりもサービス水準が2~3割カットすることが求められています。

(3)代替
 現在の業務のやり方を根本的に変えるというやり方で、コストダウン効果はかなり大きなものになることが予想されます。
 ZBBにおいては、代替パッケージとして扱われます。
 本稿では、この代替の視点からの改革の一方法をお示ししようと思います。

(4)廃止
 業務そのものをやめてしまうということで、最もコストダウン効果は大きくなります。


FC2ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
是非上のバナーをひと押し、お願いします。



 
 
この記事のURL | 経営改革 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<万人受けは無理か? | メイン | 人の心を変えることが改革の要点>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://herbist.blog115.fc2.com/tb.php/394-8f4f0fc0
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。