スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
質問会議
- 2009/03/15(Sun) -
 日本ファシリテーション協会関西支部の定例会に参加しました。

 今回はラーニングデザインセンター代表の清宮普美代氏を講師に迎えて、「質問会議」を体験しました。

 「質問会議」はアクションラーニングのひとつの技法で、問題解決と組織開発(チームの育成)という2つの目的を実現しようとするものです。

 文字通り、質問だけで会議を行います。

 質問か質問に対する回答以外の発言は「振り返り」の時間以外は認められません。

 1回の体験では、本質の理解はなかなか困難でした。

 まだまだ初歩、入り口の段階ですが、今日の時点でも新たな気づきはありました。

 ①同じ問題を共有して議論しているつもりでも、実は個々人でかなり問題の認識が異なるという驚き
 これはかなり恐い話です。
 会議などで、当然問題は共有されていると勝手に決めつけて議論していることは多いです。
 ②皆が自己主張ばかり繰り返し、議論がかみ合わない、そんな局面では、特に質問会議は有効だと感じた点

 帰ってから早速清宮氏のベストセラー「質問会議」(PHP研究所)を読んでみました。
 モヤモヤがスッキリしたわけではありませんが・・・

 もう少し経験を重ねると徐々に本質が見えてくるかもしれません。


FC2ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
是非上のバナーをひと押し、お願いします。




この記事のURL | 組織・人・風土 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ゼロベースマネジメント革命(8) | メイン | ゼロベースマネジメント革命(7)>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://herbist.blog115.fc2.com/tb.php/364-396ceec6
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。