スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
予算会議
- 2009/02/23(Mon) -
 ある会社の予算会議に参加しました。

 「素晴らしいな」と思ったことがいくつかあります。

 ①社員全員が一同に会して智恵を出し合っていたこと
 ②数字の議論もさることながら、むしろ具体的なアクション・プランの議論におおくの時間を費やしていたこと
 ③まず「何故・・・ないか」という自問に対して、問題の根本を深堀りし、問題の体系を明らかにしようとしていたこと
 ④問題の根っこが明らかになったら、今度は逆に手段の体系に展開していたこと

 以前から私が主張していたこと、「予算編成における数字は、あくまでやるべきこと=戦略・戦術を明らかにするための道具である。その道具を使って、如何に智恵を出し合って有効な施策を考え出すかこそが重要なことである」をまさに実行しておられていました。

 ひとつだけアドバイスしました。

 随分以前にもこのブログで書きましたが、MECE(モレなくダブリなし)の視点です。

 例えば、取り巻く環境を認識した上で色々考えて頂きたい。その為には、3C(Company自社の変化, Customer顧客の変化, Competitor競合の変化)の3つの視点は少なくとも常に意識して欲しいということ。

 そして、売上増加策については、マーケティングの4P(Product, Price, Promotion, Place)に満遍なく検討を加えること。

 現場の生産性においては、ECRS(Eliminate, Combine, Rearrangement, Simplify)の視点で対策を考えてみること。

 実行する上で必要なチェック事項として、4M(Man, Machine, Materials, Method)に配慮すること。

などなどです。

 他にも使えるフレームワークはたくさんあります。


FC2ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
是非上のバナーをひと押し、お願いします。

こんな時代だからこそ
智恵のあるなしで
大きな差ができます


 
この記事のURL | 管理会計・マネジメント | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<メーカー派遣店員 | メイン | マイナス12.7%>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://herbist.blog115.fc2.com/tb.php/352-13b62a87
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。