スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
笑いの研究
- 2009/01/10(Sat) -
 今月のファシリテーション協会関西支部の定例会に参加してきました。

 テーマは2つ、ひとつ目は「ファシリテーターに役立つ論理力入門」、二つ目は「笑いってなんだろう」でした。

 私は、後者に参加しました。

 事前期待は、笑い(=Laughing)と考え、笑いをとって場をなごませるためのノウハウを得るということでした。

 が、実際はもっと深い内容でした。

 主催者は、全部で23個の笑い(Laughingだけでなくsmileも)の映像を用意、その中から任意の10個を選択して、それぞれのファシリテーションの現場でおきた場合の意味、対処法を考えました。

 一口に笑いって言っても実に様々な形態と意味があることに初めて正面から向き合う機会でした。

 小馬鹿にした笑い、含みのある笑い、達成感を共有する笑い、受け流す笑い、喜びの笑い、、、

 これから暫く、人の笑いを見たら、その意味を深読みしそうです。

 私と今後接する方々、ご注意下さい。(笑)←どういう笑いでしょうか?


FC2ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
是非上のバナーをひと押し、お願いします。

笑いは場を作ることも
壊すこともできます

この記事のURL | 組織・人・風土 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<初釜 | メイン | 無料TV会議>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://herbist.blog115.fc2.com/tb.php/332-4e8209e4
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。