スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
割安と環境
- 2009/01/03(Sat) -
 昨日の自分の記事を読み返して、ふと気づいたことがあります。

 割安の追求と環境への配慮、この一見矛盾する目的を実は見事に両立させる方法があります。

 随分以前、企業の環境戦略についてのお手伝いをしていた頃、よく指針として次のようなことを提言していました。

 これらの指針の中に、割安感を出す為のヒントが隠されている気がしています。
 
 ○脱物質化 
  物質への依存を減らすことで、省資源化を実現する。
  そのための方法として、
  ・サービス化
   物質に依存せず、サービスを提供する
   販売ではなく、レンタルや、昨日のブログでのカーシェアリングなどがこれにあたりそうです
  ・長寿命化
   長く使うことで、物質使用量を減らす
   長く使うためには、一時的な流行ではなく、自分らしさを基準にした購買の傾向が高まりそうです
  ・効率化 
   環境の世界では、3R(Reduce,Reuse,Recycle)ということになります
   Reduceという点では、もちろん使用量そのものを減らすということもありますが、
   同時に、消費者が使用しない機能をそぎ落とすということも企業としてはよく考えてみる必要がありあそうです
 ○代替化
  環境の世界では、自然に異質で難分解な化学物質、たとえば有機溶剤やフロン、難燃剤、あるいは重金属などといった物質の使用をやめて代替物に置き換えることですが、
  割安ということになると、例えば、外食から中食へのシフトなどはこれにあたりそうです。ただ、単なる中食ではなく、外食によって得られる「ハレの消費欲求」を満たすような仕掛けが欲しいところです。

 思いつくままに書いてみました。少しでもヒントになれば幸いです。


FC2ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
是非上のバナーをひと押し、お願いします。

いくら不況でも必要なものは必要です
この記事のURL | 経営戦略 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<草食消費 | メイン | どんな年にしましょうか>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://herbist.blog115.fc2.com/tb.php/327-24e4a2e9
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。