スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
会計課長 団達也は不可解!
- 2008/10/31(Fri) -
 日経のNBonlineで評判になった「会計課長 団達也が行く!」を読みました。

 仕事柄、管理会計に関する本が出版されたら、一応は目を通さなければなりません。
 amazon.co.jpによると、
 

・・・「会計の力」で会社を立て直そうと試みます。
管理会計の基礎知識から、循環取引や名義偽装などの会計犯罪のテクニックまで、ぐいぐい読ませる物語の力で、自然と読者の「会計力」がつくのが、本書の大きな特徴。



 管理会計を物語で語る、それは興味深いと大いに期待したのですが・・・

 著者の林 總氏は公認会計士だし、管理会計のなんたるかをご存知ないわけはないのですが、残念ながら管理会計に関することはほとんど出てきません。

 この本は最初から最後まで、会社における「横領」(架空の会社を使った着服)と「粉飾決算」(循環取引、仕掛品計算の操作、仕掛品の意図的な積み増し、外部倉庫に一時隠すことによる架空売上)についてのケースと、それを暴くというストーリーに費やされています。

 それはそれで公認会計士しか知り得ない具体的な手口が語られており、大いに興味深いですし、参考になりました。
 ただ、「管理会計の実務を物語で語ってくれるんだ」と期待していた私には残念に思えました。

 この本の主テーマは、ほとんどが、「財務会計」に関することです。

 つまり、外部報告目的の会計が主な内容で、自らの経営の成功のための会計である管理会計については最後まで語られることはありません。

 著者は、原価計算の説明の箇所が管理会計と主張されるかもしれませんが、この本での原価計算の記述は、あくまで外部報告目的のための適正な(注)利益計算を目的とした原価計算です。

(注)適正とは、「認められた基準に則って計算された」という意味で、必ずしも経営管理に役立つかどうかはということとは別の問題です。

 管理会計を語るのであれば、例えば、

 ○経営計画策定における管理会計の機能
 ○計画の進捗をチェックする機能
 ○投資の意思決定
 あるいは、経営戦略との関係で言えば、
 ○事業評価の手法
 ○コストリーダーシップ戦略など事業戦略立案とその評価における会計情報の活用

などといったテーマが扱われて、初めて経営に貢献する会計ということが言えると思うのですが。

 確かに著者がおっしゃるように、不正を暴くことも会社を守る上では大切ですが、経営という視点からすれば、それが管理会計の主たる目的とは決して言えません。


FC2ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
是非上のバナーをひと押し、お願いします。



 

この記事のURL | 管理会計・マネジメント | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<コジマと台湾PC、管理会計的にみると | メイン | 管理と監視>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://herbist.blog115.fc2.com/tb.php/299-c684aaf3
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。