スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
管理と監視
- 2008/10/30(Thu) -
 ”管理”という言葉に暗い後ろ向きのニュアンスを込めて発言する人をよく見かけます。

 曰く、「それは管理強化じゃないですか」「私達をもっと管理するつもりですか」・・・

 今から18年前に中小企業診断士という資格を取得したのですが、その当時の試験科目(商業部門)は次の通りでした。

 経営基本管理
 労務管理
 財務管理
 販売管理
 仕入管理
 店舗施設管理
 商品知識
 経済的知識

 ”管理”のオンパレードです。
 
 ”管理”という言葉に後ろ向きの意味があるなら、「経営」そのものが「後ろ向き」の意味になってしまいそうです。

 私は、”監視”という言葉と取り違えているのかな、と以前から思っています。

 ”管理”と”監視”、この2つは似て非なるもの、というよりある意味正反対の側面があると思っています。
 
 ”管理”は、
  ・性善説をベースにおき
  ・情報をオープンにし
  ・権限委譲を行い
  ・マナジメントサイクル(Plan→Do→Check→Action)を自律的に回させる
   (つまり自己決定、自己統制)
  そのことによって、意欲と能力を引き出し、更には育成をも実現することを目的にしています。


 一方”監視”はこれとは正反対で、
  ・性悪説をベースにおき
  ・情報は上役が独占し
  ・上役が決定して、やらせる
  ・そしてさぼらないようにチェックする

  こんなイメージではなかろうかと思います。

 どちらを是とするか、それは価値観、哲学の問題かもしれませんが、少なくとも”監視”を基本においたマネジメントでは、短期的な成果を得ることはできても、中長期的に成果を出し続けることは無理なように思います。

 私の大好きな「目標による管理」の専門家、猿谷雅治氏はこんなことをおっしゃっています。

 「会社というものは、人類を幸せにするために、人間によって作られたひとつのシステムなのだ
 
 そもそも、”監視”という従業員を幸せにしないようなシステムは、会社の目的そのものを否定するように私には思えます。 


FC2ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
是非上のバナーをひと押し、お願いします。


性善説で管理することは、根気のいることですが・・・

 

この記事のURL | 管理会計・マネジメント | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<会計課長 団達也は不可解! | メイン | 30年経って>>
コメント
--
管理と監視、すっきりした定義で、とっても納得です。

昨日も社内の議論で、管理職としてすべきこと、できていないこと等を、ある問題が放置されていたことをきっかけで、その上位者二名の部長と議論していました。

放置されていたらから、監視を強めるのではなく、まさしく、前向きな意味での、管理をきっちりするということの必要性、あらためて感じました。

すっきり、頭が整理できて、感謝ですv-7
2008/11/01 09:07  | URL | so #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://herbist.blog115.fc2.com/tb.php/298-5de6a2a0
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。