スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
行列店、その後の「ねんりん屋」
- 2008/10/24(Fri) -
 7ヶ月ほど前に行列店という記事の中で、商売における行列の意味について考えてみました。

 今回も東京出張で、やっぱり行列が気になりました。

 大阪では、余程のお店でないと行列はできないのですが、東京では普通に行列ができますから、どうしても気になるのです。

 今回の行列店その1、
 7ヶ月前にも触れました「ねんりん屋」です。

 今日は、池袋東武の「ねんりん屋」へ行きました。

 ここでは、行列は5人ほどで、「よしっ」と、念願のバームククーヘンを買おうと並んだのです。

 たった、5人、この考えは結構甘かったようです。

 意外に待たされたわけです。

 何故?観察してみました。

 当たり前のことですが、一人一人への接客時間が長い。

 商品の種類の質疑、賞味期限の質疑、一人一人同じことを繰り返しています。

 「待たせている間に、最低限の情報が伝わる様にすればいいのになぁ。そしたら、店員の生産性も高まるし、お客さんの待ち時間も減るし。それとも、長目の接客時間の中で、客単価アップを狙ってるのかな。でも、あまり積極的に追加注文を勧誘しているふうでもないし。まさかわざと行列を増やして、繁盛店を演出しているわけでもないだろうし・・・」

 そんなことを考えました。

 行列店その2、八重洲地下街でお昼時に見た、どこにでもありそうな立ち食いそばやとカレースタンド、いずれも10人ぐらいは並んでいました。
 
 立ち食いそばに行列!?、あまり見かけない光景でした。

 すぐそばの定食屋さん2店、いずれにも行列はありません。

 お父さん達、昼食代の節約強化に乗り出したのかな・・・などと考えました。 

 ちなみに、帰りがけに見た、東京駅大丸の「ねんりん屋」はやっぱり長蛇の列でした。


FC2ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
是非上のバナーをひと押し、お願いします。


東京の人は我慢強い?

 

この記事のURL | その他 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<30年経って | メイン | 売れっ娘ホステスが・・・>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://herbist.blog115.fc2.com/tb.php/296-84497b74
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。