スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
フランチャイザーの義務と権利
- 2008/06/03(Tue) -
 私のクライアント先で、フランチャイズ・チェーンを展開している会社が2社あります。

 そして、また1社フランチャイズ・システムの導入の検討を始めようとしています。

 ある会社は、ロイヤリティーを安く設定し、業績改善を主に加盟店の自助努力に任せ、「ロイヤリティーは看板料である」と言い放ちます。

 別の会社は、フランチャイザーの義務として、日夜提供するノウハウの開発に余念がありません。

 私は、看板と商品、そして一定のノウハウを提供している以上、積極的に加盟店の経営に係わり、指導をするのは、「義務」ではなく「権利」であると思います。

 たったひとつの加盟店のふるまいが、チェーン全体に悪影響を与えることもあり得ることを考えると、ある意味当然です。

 自らのブランドに心血をそそぎ、誇りを持っている限り、それを傷つけられたくないと思うのは当然だと思うのですが・・・


FC2ブログランキング
ブログランキングに参加しています。
是非上のバナーをひと押し、お願いします。


自らの事業とブランドに誇りを!

この記事のURL | 経営戦略 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<トップのコミットメント | メイン | 戦略って格好の良いものじゃない>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://herbist.blog115.fc2.com/tb.php/211-ab358b52
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。