スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
使う指標で未来は変わる
- 2008/05/27(Tue) -
 環境の分野で有名な方で、枝廣淳子さんという方がいらっしゃいます。

 ご存知の方も多いでしょう。

 この方、1999年11月からほぼ2日に1日のメースで長文のメルマガを発行し続けておられ、私も愛読しています。

→バックナンバー

 地球環境問題を中心に持続可能な発展についての情報発信を積極的にしておられます。

 最新号では、GDPに替わる指標について、世界で検討が行われているとの記事が発信されていました。

 このことは、随分以前から議論としてはありました。

 災害、火事や交通事故によってGDPは増加するわけで、GDPは必ずしも人類の幸福を端的に表しているわけではないと。

 企業経営においても、売上高や利益、キャッシュフローといった財務指標一本やりでは、本来求められるステークホールダー(利害関係者)の幸福を実現できません。
 
 このようなステークホールダーの幸福の視点からの経営指標を考えていきたいと思いました。


FC2ブログランキング
ブログランキングに参加しています。
あなたの一押しが支えです。


何を大切な価値と考えるか、
国家も企業もそれが原点です

この記事のURL | 持続可能性・環境経営 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<商品価値ということ | メイン | 目標をどう考えるか~温室効果ガス削減目標に思う>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://herbist.blog115.fc2.com/tb.php/206-a218557b
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。