スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
日本人の価値観
- 2007/08/18(Sat) -
 昨日、憲法論議に関連して「価値観」などということに触れました。そこで、日本人の価値観における傾向はどこにあるのか、ということが気になりました。

 その前に、まず「価値観」という言葉の定義について確認をしておきましょう。

広辞苑には、
「個人もしくは集団が世界の中の事象に対して下す価値判断の総体。」
新明解国語辞典第三版には、
「そのものにどういう価値(意義)を認めるかについての、それぞれの人の考え方。」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』には、
「何が大事で何が大事でないかという判断、ものごとの優先順位づけ、ものごとの重み付けの体系のこと。」
それぞれ、以上のように解説しています。

 さて、日本人の価値観について、世界70カ国以上が参加して5年に一度行われる「世界価値観調査」が有名です。
 2000年調査及び2005年調査の中から興味深いものをピック・アップしてみました。

1.「すすんで国のために戦うか」
2000年調査ではYesが15.6%、59ヵ国中最下位です。(上位ではトップのトルコ94.7%、中国89.9%、アメリカは中位で63.3%、下位ではドイツ44.0%、58位のスペイン37.4%)つまり日本はぶっちぎりの最下位です。2005年調査では更に低下して15.1%になっています。多分に教育の影響はあるでしょう。最下位であることを情けないと感じる人もいるでしょう。ただそれもひとつの価値観です。

2.「日本人であることに誇りを感じているか」
2000年、日本は54.2%と74ヵ国中71位、2005年には57.4%と少し増加しています。「戦うか」と連動していそうです。

3.「人はだいたいにおいて信用できるか」
2000年39.6%で、74カ国中第9位、但し「用心する」が52.4%で「信用する」を上回っています。最下位のブラジルは「だいたい信用する」がたったの2.8%、ぞっとしますね。

4.「子どもを持てば、自分のことはある程度犠牲になるのは仕方ないか」
2000年38.5%、73か国中72位、犠牲の種類と度合が国によって異なるでしょうが、ちょっと驚き?

5.「余暇よりも仕事に力を注ぐか」
2000年33.0%は、59カ国中第45位、2005年は少し増加して35.8%、特に40歳未満の層に仕事よりも余暇を重要視する傾向が顕著です。アメリカは31.4%で第47位、上位にはタンザニア、ジンバブエ、バングラデシュなど開発途上国がならんでいます。
このあたりに、世代間での価値観の変動が見られそうです。

6.「就職先を探すとき重視することは」
2000年の日本、給料:11.7%(53位/55国)、安定:33.3%(同27位)、同僚27%(同1位)、達成感25.9%(同16位)
マズローの欲求5段階説の比較的上位欲求に刺激を受けるようです。
それだけ豊かであることの証左でしょうか。

7.「経済成長率が低下して失業がある程度増えても、環境保護が優先されるべきか」
2000年34.0%で60ヵ国中第54位、2005年にはわずかならが増加して35.4%、うーん厳しい現実!というのは私の価値観・・・でも将来の世代に対する責任はそろそろ自覚するべきでは?
ちなみに2000年のトップはスウェーデンの69.0%、かといってスウェーデンの経済力は決して低いわけではありません。その国際競争力は世界で5本の指に入ると言われています。

8.「科学の進歩は人類の利益になるか」
2000年22.6%で64カ国中最下位、但し「害になる」も6.9%と非常に低く、「利益にも害にもなる」が64.8%と非常に高率になっています。トルコ、ナイジェリア、エジプト、中国などは70%以上が「利益になる」と科学礼賛をしているのは個人的にはむしろ不健全な気がします。

9.「人生にとって宗教は重要か」
2000年19.5%は73ヵ国中第72位、ちなみに最下位は中国です。
これは、予想通りでしょうか。
世界の人たちの精神面における宗教というものの意味、日本人には到底理解は不可能なのでしょうか。

最後に、時系列で見て大きな変化を見せているものをいくつか(1990年→2005年の順に表示)
・同性愛を認めるか
Yes9.4%→37.4%

・離婚は認められるか
Yes32.9%→60.2%

・個々人の努力を刺激するようもっと収入の開きを大きくすべきか
Yes47.1%→65.9%

・充実した生活には子どもが必要か
Yes52.5%→43.4%

・社会の重要な目標として
犯罪撲滅31.0%→57.2%

・10年間の国家目標として
強い防衛力9.2%→27.3%

 全体的に総括して日本の特徴をまとめるつもりはここではありません。
 ただ、 かように、価値観というのはおかれている経済・社会・政治・文化・宗教、地理的条件など、更には時代とともに大きく変化するということは知っておきたいものだと思います。

 議論しているのを客観的に見ていて、「それ価値観が違うんで議論になってない。自分の価値観は絶対だと思って主張しても何も生まれないよな」と感じることがあります。

 他人の価値観を認めること、組織や社会としての共通の価値観は何か、共有するべき価値観は何か、そんなことにもう少し意識を持ちたいですね。


ブログランキングに参加しています。
皆さんの励ましだけが、このブログの原動力です。
下のバナー、1日1クリック、ご協力をよろしくお願いします。


FC2ブログランキングプチッとひと押し
お願いします(拝)




経営課題の解決、お任せ下さい。

この記事のURL | マーケティング | CM(5) | TB(0) | ▲ top
<<段取り | メイン | 憲法論議と理念>>
コメント
--
議論を装っているが議論ではない。それはよく見かけますね。時間の浪費が目的ではないかとさえ感じられます。

人の声に耳を傾けられるようになりたいものです。価値観を認め合うというのはそんなところから生まれるかもしれませんね。
2007/08/19 06:16  | URL | ひろ #-[ 編集] |  ▲ top

--
ひろさん、コメントありがとうございます。
異なった価値感同士が互いの存在を認め合いながら融合するところから新たな価値が生まれるのでしょうね。
2007/08/19 07:32  | URL | 南の冠座 #-[ 編集] |  ▲ top

--
大変興味深い結果ですね。

便乗して私の結果を・・・(笑)
1.「すすんで国のために戦うか」
正直、「NO」ですね。死にたい人間なんていませんから・・・

2.「日本人であることに誇りを感じているか」
様々な凶悪事件や、日常の出来事などを感じていると、誇りをもてなくなり、むしろ「憂い」を感じております。

3.「人はだいたいにおいて信用できるか」
昨年病気になるまでは「YES」でした。
しかし、病気になり様々な出来事を体験する上で、信用できる人とそうでない人、更に信用できる人でも、一寸先はわからないことを知りました。

ですので、今は「ケース・バイ・ケース」という答えです。

4.「子どもを持てば、自分のことはある程度犠牲になるのは仕方ないか」
YES!!

5.「余暇よりも仕事に力を注ぐか」
YES!and No!

7.「経済成長率が低下して失業がある程度増えても、環境保護が優先されるべきか」
YES!
しょせん人間の行う経済活動ですから。環境より優先するべきではありません。人類が滅びても地球は持続しますが、地球が滅びると人間どころじゃありません。
それでもある学者に言わせると、環境破壊も人間にとって不都合なだけで、地球からすればたいしたことないらしいですが・・・

8.「科学の進歩は人類の利益になるか」
YES。私、一応理系出身者なんでそのような教育を受けてきたものですから。

9.「人生にとって宗教は重要か」
NO。
それよりも一人一人の確固たる信念でしょう。その結果の宗教があってもいいとは思いますが。

・同性愛を認めるか
→YES(人それぞれ。私は違います(笑))
・離婚は認められるか
→我が家はNO。世間的にはYES。
・個々人の努力を刺激するようもっと収入の開きを大きくすべきか
→NO
・充実した生活には子どもが必要か
→YES!
・社会の重要な目標として
→モラルの回復と原点回帰
 それが犯罪抑止にもつながると思います。
・10年間の国家目標として
→少子化対策を重点においた政策の決定と経済と環境と教育のバランス化

長文コメント、失礼しました。
2007/08/20 11:14  | URL | トクエモン #-[ 編集] |  ▲ top

--
トクエモンさん、こちらこそ長文のブログにお付き合いいただき、ありがとうございます。
私もトクエモンさんに近いかな。
違うところは、
「基本的に日本に誇りを持っています。誇れないのは政治。モラルはいつの時代でも問題視されていそうな・・・」
「科学は大好き、でも使い方に気をつけなければと思っています」
「宗教はわからない、というところが本音です。ただ、たとえば思想あるいは科学としての仏教(仏教の科学性を最近考えることがあります)には大いに興味有です」
こんなところかな
2007/08/20 14:11  | URL | 南の冠座 #-[ 編集] |  ▲ top

--
はじめまして。
検索で引っかかった通りすがりの者です。
7.に関しては調査時期からして度重なるマイナス成長や失業率の高まりから、「今と比べて」これ以上の成長率の低下や失業率上昇には耐えられないということでしょう。
8.で利益にも害にもなるという意見が圧倒的に高いことや四大公害以降の政策やエコ関連商品がよく売れることなどから、日本人の環境への意識が低いとまでは言えないと思いますよ。
9.の宗教に関しては日本人の半数が無宗教と言っている(http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/9460.html)一方で、墓参りや初詣や葬式などあらゆる宗教的儀式の経験がないという人はごく少数なので意識と行動が乖離している気はします。
2008/08/22 06:40  | URL | 梅の里 #aKTfwpNM[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://herbist.blog115.fc2.com/tb.php/20-99561d56
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。