スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
バイオ燃料の新たな問題
- 2008/05/03(Sat) -
 昨年9月の記事「食糧危機の足音?」の中で、バイオエタノールの危うさについて、次のように書きました。

 エネルギー源を化石燃料から再生可能なものに代替する努力は非常に重要です。ただ、その前にエネルギーそのものをもっと効率的に使う努力がなければ、地球全体としての収支は合わないことになります。



 今日のブジサンケイビジネスアイに次のような記事が掲載されていました。

 二酸化炭素の排出量が少ないとして各国で急速に進むバイオ燃料の開発が希少な生物種の生息地を破壊、絶滅を招き、世界の生物多様性減少の一因になっているとの報告書を、生物多様性条約の事務局が2日にとりまとめた。
<中略>
 報告書によると、原料作物の栽培方法によっては土壌中のCO2が大気中へ放出される量が増えるため、バイオ燃料の利用は温暖化防止に貢献するどころか、温暖化を加速させる恐れもある。



 「生物多様性なんて二の次ではないか」とお考えのむきもあるかもしれません。

 地球環境問題は「温暖化」だけではありません。

 生物圏は、それこそ人知をはるかに超えた複雑なネットワークによって成り立っています。

 その中のいずれかのパーツつまり種の絶滅が、全体に対してどんな甚大な影響を与えるか、誰にもわからないことも多いわけです。

 また、「約4分の1の薬の成分は、最初に植物の中に発見されている」という報告もあります。つまり、多様性を維持することは我々自身にとっても未来に向けての可能性を増やすことだと言えます。

 「地球温暖化防止が最優先課題だから、そんなことは言っていられない」?

 昔、「オゾン層破壊」が最も重要な環境問題であった時代(今でも重要ですが・・・)フロンに替えて使用されたHCFCという代替フロンが、後に地球温暖化物質であったことが判明したという歴史があります。

 ひとつのことだけに目を奪われていると、とんでもない誤った方向に進んでしまうことがあります。

 代替エネルギーを開発すること、排出したCO2を固定すること、いずれも重要かつ素晴らしい取り組みだと思います。

 ただ、それと並行して、エネルギーを効率的に使おうという取り組みが産業界はともかく、一般生活者にはなかなか浸透していかないように思えてなりません。


関連記事 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080502-00000080-san-int


FC2ブログランキング
バランス思考が大事です、
プチッとひと押しお願いします



この記事のURL | 持続可能性・環境経営 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<異文化に接する | メイン | エクセルで役に立つ概算原価計算>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://herbist.blog115.fc2.com/tb.php/189-d7bdef55
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。