スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
実務直結のツールを2つほど作りました
- 2008/04/28(Mon) -
 今日は、クライアント企業に提供するためのツール作成を2つばかりしました。

 1つは設備投資経済性計算です。

 特定の機械の取替投資における経済性計算でした。

 ケースを4つばかり想定して、耐用年数期間における税引後のキャッシュフロー増加額を予想し、平均利回りを求める「内部利益率法(IRR法)」を中心に計算をしました。

 取替によって増加するキャッシュフローは、次の方法で計算しました。

 予想売上高増加額×予想限界利益率-当該新規設備の減価償却費+コストダウン予想額-利益増加による税の増加予定額=予想税引後利益の増加額

 予想税引後利益の増加額+当該新規設備の減価償却額=税引後のキャッシュフロー増加額
 (減価償却費は非資金費用ですから、キャッシュフロー計算をするときには戻します)

 このようにして、10年間のキャッシュフロー増加額を予想して、内部利益率法で投資利回りを計算しました。

 現在の資金運用環境での投資収益性を念頭において、どの程度の利回りが必要か、株式未公開企業では、上場企業のような合理的な資本コスト計算はできませんから、そこは経営者の思いも加味して判断するしかありません。

 もう一つ作ったツールは、営業マンのための報告書様式です。

 おもしろくなさそうですよね。

 通常の日報ならそうです。

 でも、これは違います。

 営業プロセスを可視化すると同時に、進捗度に応じたKPI(業績評価指標)と連動させることで、部下と上司とのコミュニケーションを促進し、同時にKPIを使って、ゲーム感覚での良い意味での競争を喚起する仕組みを作る予定です。


FC2ブログランキング
読者の皆さんの応援だけがブログの原動力です。
プチッとひと押しお願いします




この記事のURL | 管理会計・マネジメント | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<エクセルで役に立つ概算原価計算 | メイン | 日本の外資規制は厳しい方ではない!?>>
コメント
--
すごくおもしろそうですね。新規開拓(顧客)のステップ展開表を使っているのですが、上記考え方を入れてみます。

参考になり、ありがとうございました



> 営業プロセスを可視化すると同時に、進捗度に応じたKPI(業績評価指標)と連動させることで、部下と上司とのコミュニケーションを促進し、同時にKPIを使って、ゲーム感覚での良い意味での競争を喚起する仕組みを作る予定です。

2008/04/29 07:22  | URL | so #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://herbist.blog115.fc2.com/tb.php/187-beba23f3
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。