スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
他人の立場に立つってことは以外に難しい
- 2008/04/16(Wed) -
 夕方に高速バスで西に向かいました。

 天気がよかったので、西日がバスの窓から差し込み、眩しさは半端ではありませんでした。

 こんなに眩しいのに、誰も窓のカーテンをなかなか閉めようとしません。

 私のひとつ前の窓から強い西日が差しこんできます。

 前の席の人に「なんで、カーテン閉めないんだ。眩しくないの?」と心の中で叫びました。

 でも、前の席の人は決してカーテンを閉めようとしません。

 そして、気づきました。どんなに眩しくっても誰も自分の席のカーテンを閉めない理由がありました。

 さて、何でしょうか?

 ・・・・・
 ・・・・・
 ・・・・・
 ・・・・・
 ・・・・・

 どの席の人も、自分の席の窓からは西日は差し込んでいないのです。




 皆一様に、私のように、前の席の人に向かって「なんで、カーテン閉めないんだ!」と無言で訴えていたのだと思います。

 自分の窓のカーテンを後ろの席の人のために閉めるべきだなどといったことには、誰も気づかないようでした。

 他人の立場で物事を考えるということは難しいことです。

 ちなみに、私は、これに気付いて、自分の席のカーテンを閉めました。

 後ろの人のために。

 
FC2ブログランキング
ふーん、おもしろかった、と思われたら
プチッとひと押しお願いします



 

この記事のURL | 組織・人・風土 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<雨中の徳島観光 | メイン | 損得勘定には時として害になる原価計算>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://herbist.blog115.fc2.com/tb.php/178-900e44b3
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。